コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブーシェフル Būshehr

デジタル大辞泉の解説

ブーシェフル(Būshehr)

イラン南部の港湾都市。ブーシェフル州の州都。ペルシア湾に面する。18世紀前半、アフシャール朝のナーディル=シャーが軍港を建設し、ペルシア湾の海上交易の拠点となり、19世紀後半に英国商館が置かれた。旧市街には英国風やアラブ風の街並みが残っている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ブーシェフル

イラン南部,ペルシア湾に臨む港湾都市。気候は暑く湿度が高い。シーラーズと道路で連絡し,その外港となっている。19世紀後半に英国の商館が建設され,一時は英国の総領事が湾内の政治的利益を守るために置かれていた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブーシェフル【Būshehr】

ペルシア湾岸にあるイランの港町。人口14万1000(1994)。シーラーズの南西にあり,18世紀以前は小村にしかすぎなかったが,1734年,ナーディル・シャーがここに海軍基地を設けてから発展した。ザンド朝(1750‐94)時代にはイギリス,オランダの東インド会社の事務所がバンダル・アッバースからここに移されて繁栄し,19世紀以降は対ヨーロッパ貿易の南の門戸になった。1938年,ザーグロス山脈を越えるイラン縦貫鉄道がペルシア湾岸の新興の港町バンダル・シャープール,ホラムシャフルまで延長されるとその重要性は衰えた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブーシェフル
ぶーしぇふる
Bshehr

イラン南部、ブーシェフル州の州都。ペルシア湾に臨む港湾都市。人口14万3641(1996)。18世紀前半、海軍基地として建設され、以後、ペルシア湾海上貿易の中心として、とくにイギリスとの関係が深まるに伴って発展した。1938年、イラン縦貫鉄道が現在のバンダル・ホメイニまで敷設されると、その地位を奪われた。[香川優子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブーシェフルの関連キーワードバンダル・アッバースハールグ[島]ハールク島ワスムス

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android