コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブーシェフル ブーシェフル Būshehr

4件 の用語解説(ブーシェフルの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ブーシェフル(Būshehr)

イラン南部の港湾都市ブーシェフル州の州都。ペルシア湾に面する。18世紀前半、アフシャール朝のナーディル=シャーが軍港を建設し、ペルシア湾の海上交易の拠点となり、19世紀後半に英国の商館が置かれた。旧市街には英国風やアラブ風の街並みが残っている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ブーシェフル

イラン南部,ペルシア湾に臨む港湾都市。気候は暑く湿度が高い。シーラーズと道路で連絡し,その外港となっている。19世紀後半に英国の商館が建設され,一時は英国の総領事が湾内の政治的利益を守るために置かれていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ブーシェフル【Būshehr】

ペルシア湾岸にあるイランの港町。人口14万1000(1994)。シーラーズの南西にあり,18世紀以前は小村にしかすぎなかったが,1734年,ナーディル・シャーがここに海軍基地を設けてから発展した。ザンド朝(1750‐94)時代にはイギリスオランダ東インド会社事務所バンダル・アッバースからここに移されて繁栄し,19世紀以降は対ヨーロッパ貿易の南の門戸になった。1938年,ザーグロス山脈を越えるイラン縦貫鉄道がペルシア湾岸の新興の港町バンダル・シャープール,ホラムシャフルまで延長されるとその重要性は衰えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブーシェフル
ぶーしぇふる
Bshehr

イラン南部、ブーシェフル州の州都。ペルシア湾に臨む港湾都市。人口14万3641(1996)。18世紀前半、海軍基地として建設され、以後、ペルシア湾海上貿易の中心として、とくにイギリスとの関係が深まるに伴って発展した。1938年、イラン縦貫鉄道が現在のバンダル・ホメイニまで敷設されると、その地位を奪われた。[香川優子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブーシェフルの関連キーワードアバダンオマーン湾ペルシア文学ペルシア湾カーグ島イランイラク戦争ペルシア猫バンダル・アッバースファールスヤンボー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブーシェフルの関連情報