コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブーベ[島] ブーベ

百科事典マイペディアの解説

ブーベ[島]【ブーベ】

南大西洋,アフリカ大陸南端から南西方約2400km,南極大陸北方約1600kmにある孤島。1739年フランスの海軍将校ブーベが発見,1825年英国が領有を主張したが,1930年ノルウェー領。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブーベ[島]【Bouvetøya】

南アフリカの喜望峰南南西約2400kmの南大西洋にある火山島。面積58km2。1739年フランス人ブーベJ.B.L.Bouvetが発見,1930年にノルウェー領になる。南アメリカ,南極,アフリカの三大プレートの境にあり,大西洋中央海嶺の頂部が海面上に現れた島で,全島氷床に覆われ,西~北岸は数百mの断崖に囲まれる。西半部に高さ600~788mの火口壁に囲まれた火口がある。ペンギン,アザラシが狭い海岸に群生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブーベ[島]の関連キーワード南アフリカ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android