ブーベ[島](読み)ブーベ

百科事典マイペディアの解説

ブーベ[島]【ブーベ】

南大西洋,アフリカ大陸南端から南西方約2400km,南極大陸北方約1600kmにある孤島。1739年フランスの海軍将校ブーベが発見,1825年英国が領有を主張したが,1930年ノルウェー領。無住。約58km2

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブーベ[島]【Bouvetøya】

南アフリカの喜望峰南南西約2400kmの南大西洋にある火山島。面積58km2。1739年フランス人ブーベJ.B.L.Bouvetが発見,1930年にノルウェー領になる。南アメリカ,南極,アフリカの三大プレートの境にあり,大西洋中央海嶺の頂部が海面上に現れた島で,全島氷床に覆われ,西~北岸は数百mの断崖に囲まれる。西半部に高さ600~788mの火口壁に囲まれた火口がある。ペンギン,アザラシが狭い海岸に群生する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android