ブーム

精選版 日本国語大辞典 「ブーム」の意味・読み・例文・類語

ブーム

〘名〙 (boom)
① にわかに需要が増し、価格がはねあがること。また、景気が急によくなること。〔モダン辞典(1930)〕
※もはや「戦後」ではない(1956)〈中野好夫〉「戦後天井知らずのブームに酔っていたアメリカの景気が」
② あることがにわかに人気を呼んで、一時的に非常な勢い流行すること。または、特定の人が熱狂的にもてはやされること。また、その期間
※蛙のこえ(1952)〈大宅壮一〉三P「原料のパルプ関係はその後もずっとブームがつづいていた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「ブーム」の意味・読み・例文・類語

ブーム(boom)

ある物が一時的に盛んになること。急に熱狂的な人気の対象となること。「ブームを呼ぶ」「サッカーブーム
急に需要が増して価格が急騰すること。にわか景気。「土地ブーム
[類語]盛行流行はやり流行はや時好好尚時流風潮流行りすた一世を風靡ふうびするトレンディートレンドモードファッション

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android