コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブールジュ大聖堂 ブールジュだいせいどう La Cathédrale Saint-Étienne,Bourges

4件 の用語解説(ブールジュ大聖堂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブールジュ大聖堂
ブールジュだいせいどう
La Cathédrale Saint-Étienne,Bourges

フランス中部,シェール県ブールジュにある大聖堂。正式には聖エティエンヌ大聖堂。3世紀にガリア初のキリスト教団がアウァリクムの城壁に建てた教会堂の跡に,11世紀ロマネスク様式の聖堂として建築されたが,12~13世紀にゴシック様式に改築された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ブールジュ‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【ブールジュ大聖堂】

Cathédrale de Bourges》フランス中部、シェル県の都市、ブールジュにある司教座聖堂。12世紀末から13世紀半ばにかけて建造された。タンパン(正面入口上部の半円部分)の彫刻、ステンドグラスを含め、ゴシック様式の傑作として知られる。1992年、世界遺産文化遺産)に登録された。サンテチエンヌ大聖堂

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ブールジュ大聖堂【ブールジュだいせいどう】

フランス中部,シェール県の県都ブールジュにある大聖堂で,フランスの代表的ゴシック建築。正称サン・テティエンヌ大聖堂。12世紀末着工,14世紀前半に完成。北フランスのゴシック様式とロマネスク的形態感を融和し,パリのノートル・ダム大聖堂にならって鋭い仰高性よりも広い空間構成に重点がおかれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界遺産詳解の解説

ブールジュだいせいどう【ブールジュ大聖堂】

1992年に登録された世界遺産(文化遺産)で、フランス中部サントル地方シェール県にある大聖堂。ブールジュは14~15世紀、領主ジャン・ド・ベリー公の宮廷を中心に芸術都市として繁栄した。キリスト教の最初の殉教者エティエンヌに捧げられた大聖堂は、通称サン・テティエンヌ大聖堂と呼ばれているが、前身は3世紀頃の聖堂である。11世紀にはロマネスク様式で建て替えられ、12世紀末からゴシック様式で改築された後も、修復のたびに多様な建築様式が加えられた。◇英名はBourges Cathedral

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブールジュ大聖堂の関連キーワードバム文化遺産テルチ複合遺産自然遺産ルストロルシュオモ川下流域平泉世界遺産登録記念ホリデーパスヴルコリニェツ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone