プガチョーフの反乱(読み)プガチョーフのはんらん(英語表記)Pugachëvskoe vosstanie; Pugachëv Rebellion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

1773~75年,E.I.プガチョーフに率いられたコサック農民反乱。 73年8月ピョートル3世を自称するプガチョーフが 80人のヤイク・コサックを率いてまず立上がった。目指すところは,「農民のツァーリ」を頭とする農民とコサックの国家の建設にあったが,ウラル (ヤイク) 川流域地方から始った反乱は鉱山労働者や逃亡農民を加えて,同年末には3万の軍と 86門の大砲を有するまでになり,カザンペンザサラトフなどを陥れた。しかし 74年9月ツァリツィン (現ボルゴグラード) 南方で政府軍に敗れ,プガチョーフは数人の側近とともに逃げたが,同志に裏切られて政府軍に引渡され,モスクワに送られて,翌年1月 21日四つ裂きのに処せられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android