コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プトマイン プトマインptomaine

翻訳|ptomaine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プトマイン
ptomaine

蛋白質などが細菌によって腐敗したとき生じる塩基性有毒物質をやや漠然と総括した名称。英米語での発音はトーメイン。主体はアミノ酸が脱炭酸して生じた種々のアミンである。特にそのうちジアミン類 (リジンやオルニチンから生じる) は毒性が強く,悪臭があり,プトマインの中心的物質。またヒスチジンから生じるヒスタミンは血管の拡張,アレルギー反応の原因となる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

プトマイン(〈ドイツ〉Ptomain)

肉類食品の腐敗によって生じる有毒成分。食中毒の原因物質と考えられていた。屍毒(しどく)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

プトマイン

屍毒(しどく)とも。動物組織特に肉類が微生物の作用により腐敗・分解して生じる有毒性物質の総称。プトレシン,カダベリン,ニウリン,ムスカリンなど。食中毒の一因とされるが,プトマイン中毒と呼ばれるものの多くは細菌毒素による。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のプトマインの言及

【腐敗】より

…その仲間であるクロストリディウム属Clostridiumの細菌はタンパク質の腐敗にしばしば関与し,その中には強力な毒素を産生して,食中毒の原因菌となるボツリヌス菌が含まれている。以前は,腐敗した食物による食中毒は,タンパク質が分解して生成したアミン類によるものと考えられて,それらをプトマインと称したが,現在ではこの考えは否定され,食中毒はそれぞれ特定の細菌に起因することが明らかになっている。 腐敗に関連した微生物の分解作用の好ましくない面の一つとして,木材腐朽のような資材の微生物的劣化があるが,この場合には各種のカビが主役を担うことが多い。…

※「プトマイン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

プトマインの関連キーワードテトラメチレンジアミン死毒・屍毒獣肉中毒死毒