コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プレッツォリーニ プレッツォリーニPrezzolini, Giuseppe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プレッツォリーニ
Prezzolini, Giuseppe

[生]1882.1.27. ペルジャ
[没]1982.7.14. スイス,ルガーノ
イタリアの批評家。プラグマティズムおよびベルグソン,クローチェなどの哲学の影響を受け,1903年『レオナルド』誌,1908年『ボーチェ』誌を創刊,編集。また主要誌紙に寄稿して,第1次世界大戦前の思想界の推進役を果たした。ムッソリーニと親交をもち,参戦論を唱え,やがてファシズムに同調していった。その後も保守派の立場を守りつつ,著作を発表。主著に『イタリア文化』 La cultura italiana (1923) ,『無用のイタリア人』L'italiano inutile (1954) ,『移住者たち』I trapiantati (1963) ,『キリストそして/もしくはマキアベリ』 Cristo e/o Machiavelli (1971) ,『保守派宣言』 Manifesto dei conservatori (1972) ,『脆きイタリア』 Italia fragile (1974) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

プレッツォリーニ【Giuseppe Prezzolini】

1882‐1982
イタリアの文学者。盟友パピーニとともに,1900年代初頭20年間のイタリア文学界を主導した雑誌のオルガナイザーであった。早くに学業を中断,フィレンツェに移住。03年,パピーニと協同して《レオナルド》誌を創刊。ベルグソンプラグマティズム,同時にモダニズムの運動,J.ソレルサンディカリスム,さらにクローチェの思想などに幅広い関心を向け,摂取する。08年,両大戦間を代表する文学雑誌《ボーチェ》を創刊,14年まで編集長を務める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プレッツォリーニ
ぷれっつぉりーに
Giuseppe Prezzolini
(1882―1982)

イタリアの評論家。ペルージアに生まれる。パリへ出て、ベルクソンの影響を受けた。帰国後、1903年にパピーニと『レオナルド』誌を創刊。さらに08年には『ボーチェ』誌を創刊して、イタリアが直面する現実を直視して、その改革を訴えるとともに、アポリネール、ベルクソン、マラルメらの紹介に努めた。しかし、しだいにナショナリズムへの傾斜を強め、14年には、同誌にイタリアの第一次世界大戦参戦を促すムッソリーニへの公開書簡を掲載し、戦後はファシズムに接近した。おもな著書に『フィレンツェ人、N・マキャベッリの生涯』(1927)、『スリッパを履いたアメリカ』(1950)、『脆(もろ)いイタリア』(1954)などがある。[川名公平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のプレッツォリーニの言及

【パピーニ】より

…独学によって百科全書的な博識を身につけ,反権威主義的な思考態度を培う。プレッツォリーニを知り,その交友を通じてイデオローグ,評論家,文化の舵取りとしてのみずからの天稟に目覚めた。1903年,プレッツォリーニとともに《レオナルド》誌を創刊,また国粋主義者コッラディーニの雑誌《領土》編集長となる。…

【ボーチェ】より

…イタリアの雑誌。文芸批評家ジュゼッペ・プレッツォリーニによって1908年12月にフィレンツェで創刊された。初めは週刊であったが,1913年には月2回の刊行となった。…

※「プレッツォリーニ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

プレッツォリーニの関連キーワードジョヴァンニ パピーニ1月27日モラービア

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android