コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロセス工学 プロセスこうがくprocess engineering

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プロセス工学
プロセスこうがく
process engineering

プロセスシステム工学ともいう。最近の化学工学のなかの一つの新しい分野で,化学プロセス計画,設計,操作の方法論に関する学問である。化学工学の基礎として重要な化学工学熱力学,輸送現象論,反応速度論,流体力学などの学問はどちらかといえば現象の解析を中心とするものである。ところがこれらの解析的情報を集めるのみでは化学プロセスや装置の計画,設計,操作の方法にとって必ずしも有効ではなく,合理的な計画や制御のための新たな工学的方法論が不可欠となってくる。したがって,プロセス工学では,プロセスのモデリング,最適決定,評価などがその主たる内容となり,コンピュータの活用を前提としている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

プロセスこうがく【プロセス工学 process engineering】

化学プロセスの計画,設計,制御に関する工学で,プロセスシステム工学とも呼ばれる。化学プロセスは反応,吸収,蒸留などの単位操作から構成されているが,これら個々の要素の設計理論が比較的早くから確立されていたのに反し,これらを組み合わせたシステムとしての設計理論は特別にはなかった。プロセスが単純であった場合は,これら個々の要素の設計をつなぎ合わせるだけでもよかったが,化学プロセスで要素装置の数がふえ構成が複雑化すると,これを一つのシステムとみて解析し総合する体系が必要になった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のプロセス工学の言及

【化学工学】より

… 装置の設計理論を確立した化学工学に残された次の問題は,これらの装置の組合せシステムとしてのプロセスの設計理論を確立することであった。これをプロセス工学あるいはプロセスシステム工学と呼ぶ。プロセスシステム工学は60年代に世界に先駆けて日本で研究が始まり,コンピューターの発達とも相まって大きな発展をとげた。…

※「プロセス工学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

プロセス工学の関連キーワード集積回路