コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロダクト・ミックス product mix

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プロダクト・ミックス
product mix

製品構成。特定の一企業が生産し販売する各種の製品ライン (たとえば家電メーカーの場合,洗濯機・テレビ・冷蔵庫など) の組合せ。どの製品プロダクト・ライフサイクルを描き,やがては衰退していく運命にあるので,企業の安定,成長のためには常にその最適ミックスを考慮し,維持することが必要である。企業にとって重要なマーケティング戦略一環をなしている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

流通用語辞典の解説

プロダクト・ミックス【product mix】

企業が生産販売する製品の組み合わせをいう。企業が市場において継続的に安定した地位を確保するためには、常に市場のニーズを汲み取り、競争企業よりも製品面で優位に立つための製品開発を進める必要がある。また、どのような製品でも導入、成長、成熟、飽和、衰退といったライフサイクルをもっており、企業の成長戦略として、ライフサイクルにあわせたプロダクト・ミックスの戦略が重要になる。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング流通用語辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プロダクト・ミックス
ぷろだくとみっくす
product mix

製品構成。企業が生産し販売する各種製品の組合せのことをいう。たとえば、各家電メーカーが冷蔵庫、テレビ、洗濯機、ビデオなどの製品組合せをそれぞれもち、細かくはテレビも各種の型を生産しているなどである。製品にはすべてライフ・サイクル(寿命)があるから、衰退期に入った製品は生産・販売を中止し、新製品を導入して新しい製品構成へ移行しなければならない。製品構成の第一の課題は、ライフ・サイクルに対応した製品構成の動的維持である。人絹メーカーが合繊メーカーへ移行するような現象が、その結果として生じる。第二の課題は製品構成を専門化するか多角化するかという問題である。それは企業の収益性、安定性、成長性の三つの観点から判断される。多角化する場合でも、技術関連分野に多角化するか、市場関連分野に多角化するか、無関連分野に多角化するかの三者が検討の対象になる。[森本三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

プロダクト・ミックスの関連キーワードプロダクト・ライフ・サイクルプロダクト・プランニングプロダクトミックスプロダクト・ライン

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android