プロダクト・ライフ・サイクル(読み)ぷろだくとらいふさいくる(英語表記)product life cycle

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プロダクト・ライフ・サイクル
ぷろだくとらいふさいくる
product life cycle

製品ライフ・サイクル、略してPLCともいう。製品が開発されて市場に導入され、普及成長し、成熟し、やがて別の製品に押されて衰退するという一連の経過を、売上高の推移でとらえたものをいう。経過のくぎり方には種々の説があるが、もっとも有力なものは、導入・成長・成熟・衰退の四期とする説である。
(1)導入期 製品の売上げは伸びず、コストは高く損失の状態にある。
(2)成長期 製品が市場に普及し、売上げは急速に伸長する。企業間の競争は激化するので、量産によりコストは低下しているにもかかわらず、それほど利益はあがらず、競争力の弱い企業は脱落する。
(3)成熟期 需要が飽和状態となり、買い替え(耐久財)や反復購入(非耐久財)が主体となる。しかし、この段階まで生き残った企業には、大きな利益が生じる。
(4)衰退期 代替品の出現や環境変化によって需要は衰退し、売上げは下向する。利益もなくなり、やがて生産は中止される。
 製品ライフ・サイクルの存在は、製品構成(プロダクト・ミックス)に重要な影響を与える。企業は成熟期にある製品が生み出す収益を、新製品開発に投入し、次期の成長・成熟製品を次々に生み出さなければならない。[森本三男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android