コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘイエルダール ヘイエルダール Heyerdahl, Thor

6件 の用語解説(ヘイエルダールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘイエルダール
ヘイエルダール
Heyerdahl, Thor

[生]1914.10.6. ラルビク
[没]2002.4.18. 北イタリア
ノルウェーの人類学者,海洋探検家。ラルビク大学卒業 (1933) 後,オスロ大学ポリネシアなどについて研究し,哲学博士 (61) となる。ポリネシア人の起源について,南アメリカから移住したものという仮説を立て,古代インカの技法でバルサ材製の筏『コン・ティキ号』を造り,1947年ペルーのリマからポリネシアのラロイア環礁まで 6400kmの漂流に成功。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ヘイエルダール(Thor Heyerdahl)

[1914~2002]ノルウェーの探検家・人類学者。ポリネシア文化は古代ペルーに起源があるという説を立証するため、1947年に筏(いかだ)コンティキ号でペルーからポリネシアへの漂流実験を行い、1970年には葦舟ラー号で大西洋横断を行った。著「コンティキ号探検記」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヘイエルダール

ノルウェーの人類学者,探検家。昔の南米住民がポリネシアに移住できたことを立証するため,1947年,筏(いかだ)船コン・ティキ号太平洋を漂流航海し,その模様を《コン・ティキ号探検記》として発表。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ヘイエルダール【Thor Heyerdahl】

1914‐2002
ノルウェーの人類学者,探険家。はじめ動物学を専攻し,南太平洋海洋生物研究のためにポリネシアのマルキーズ諸島に渡ったが,ここでポリネシア人の祖先は南アメリカに由来するのではないかという着想を得た。その可能性を検証する目的で,1947年に5名の仲間とともに,コン・ティキ号と名付けたバルサ材の筏で,ペルーのカヤオからトゥアモトゥ諸島のラロイア環礁まで8300km,102日間の漂流実験を試みた。南アメリカのプレ・インカの巨石文化イースター島その他のポリネシアの巨石文化に類似することをはじめ,南アメリカのインディオあるいは北アメリカ北西岸インディアンとポリネシア人の,双方の文化にいくつかの類似点がみられること,さらに貿易風が東から西への航海を容易ならしめていることなどが,ヘイエルダールの仮説の根拠となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ヘイエルダール【Thor Heyerdahl】

1914~2002) ノルウェーの探検家。ポリネシア文化の源流は南アメリカにあるとして、漂流実験を行う。著「コン-ティキ号探検記」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘイエルダール
へいえるだーる
Thor Heyerdahl
(1914―2002)

ノルウェーの人類学者、考古学者、探検家。文化伝播(でんぱ)における風や潮流の海洋学的要因を重視し、ポリネシア文化の源流が南アメリカのプレ・インカ期の文明にあること、アメリカ大陸の古代文明が古代オリエントの文明の影響の下に成立したことなどを唱えた。彼は自説を証明するのに、コン・ティキ号(1947)、ラー号(1969、70)など、古代の船を復原して漂流実験を行い、ガラパゴス諸島の探検(1953)やイースター島の考古学調査(1955~56)も行った。1977~78年には、古代メソポタミアのシュメール人の船を復原し、アフリカ紅海沿岸のジブチまでの航海を行っているが、彼の伝播説は学界の定説となっていない。[田村克己]
『永井淳訳『葦舟ラー号航海記』(1971・草思社) ▽国分直一、木村伸義訳『海洋の人類誌』(1990・法政大学出版局) ▽水口志計夫訳『コン・ティキ号探検記』(ちくま文庫) ▽山田晃訳『ファツ・ヒバ』上・下(社会思想社・現代教養文庫) ▽山田晃訳『アク・アク――孤島イースター島の秘密』(社会思想社・現代教養文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヘイエルダールの言及

【葦舟】より

…草を用いているため強度が不足し,あまり大型のものは製作できないので,長距離の航海には使用されず,もっぱら川や湖などで使用されている。ただし,人類学者T.ヘイエルダールは,1970年ナイル川の葦を材料とし,ペルーのアイマラ族の技法によって全長12mの葦舟ラーII世号を製作し,モロッコから西インド諸島までの大西洋横断航海を行って,葦舟が内水面用だけの舟ではなく外洋航海にも使用されていたと主張した。日本では《古事記》に水蛭子(ひるこ)を葦舟に入れて流し去ったとの記事があり,古くは葦舟が使用されていたと想像される。…

【漂流】より

…昔から難船漂流の悲劇は洋の東西を問わずきわめて多い。漂流には学術上の目的で行ったものと,海難事故によるものがあり,前者では1947年T.ヘイエルダールが人類学上の自説を立証するため,〈コン・ティキ号〉と名づけたいかだで太平洋横断を決行した例(《コン・ティキ号探検記》),52年アラン・ボンバールが海の魚とプランクトンだけを食べ,海水と雨水で渇きをしのぎ,単身〈異端者号〉と名づけたゴムボートで大西洋横断漂流に成功した例(《実験漂流記》),日本では数次の漂流実験後,75年斎藤実が〈ヘノカッパII世号〉でサイパン島から沖縄に向かって漂流実験した例(〈漂流実験〉)などが著名である。 四面環海の日本では後者の海難漂流が多く,古くは7世紀の遣唐使船の漂流以来,その例が多く,とくに近世には大量に発生した。…

※「ヘイエルダール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヘイエルダールの関連キーワードノルウェーノルウェージャンフォレストキャットノルゲニュートロジーナ ノルウェーフォーミュラノルウェー室内管弦楽団ノルウェー放送管弦楽団ノルウェーの森ノルウェー・クローネノルウェジアン・エルクハウンドノルウェジアン・ブーフント

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヘイエルダールの関連情報