コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘイケボタル ヘイケボタルLuciola lateralis

5件 の用語解説(ヘイケボタルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘイケボタル
ヘイケボタル
Luciola lateralis

鞘翅目ホタル科。体長7~10mm。体は黒色で,同色の短毛におおわれる。頭部は背面から見ると大部分が前胸前縁の下に隠れる。複眼は大きく,触角は糸状。前胸背は淡赤色で密に点刻され,中央部に幅広い黒条がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ヘイケボタル

日本全国や朝鮮半島、中国などに分布。体長は約8~10ミリでゲンジボタルの半分ほど。日本では1980年代以降、河川の水質汚染などで激減したホタルの保護活動が各地で盛んになったが、対象は発光力が強くて観賞しやすいゲンジが大半で、ヘイケの個体数はゲンジより少ないとされる。

(2011-06-13 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ヘイケボタル

ホタル科の甲虫の1種。日本全土,千島,朝鮮,中国東北,シベリア東部に分布。体長9mm内外。黒色,前胸背は桃赤色,中央に黒条がある。腹端の2節(雄),または1節(雌)が発光する。
→関連項目ホタル(蛍)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヘイケボタル【Luciola luteralis】

甲虫目ホタル科に属し,ゲンジボタルとともに日本の代表的なホタル(イラスト)。ゲンジ(源氏)に対し,小型で弱々しいところからヘイケ(平家)と名づけられた。形態的には大きさ(本種の体長8~10mm)のほか,胸部背面の縦紋が中央で横に広がらない,上翅の点刻がよりまばらで,縦の隆条が弱いなどで区別できる。日本全国,サハリン,朝鮮半島,中国などに分布する。成虫は6~8月に発生するが,例外的に9~10月に発生することがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘイケボタル
へいけぼたる / 平家蛍
[学]Luciola lateralis

昆虫綱甲虫目ホタル科に属する昆虫。日本各地に産する代表的なホタルの1種で、千島列島、朝鮮半島、東シベリア、中国にも分布する。成虫は淡紅色の前胸中央に太い黒の縦帯があり、幼虫は水田、池沼、緩やかな流れにすみ、ヒメモノアラガイカワニナなどを食べる。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヘイケボタルの関連キーワードツベルクリン検査美浜原発蒸気噴出事故マイクロチップアオキ(青木)アマナアワフキムシイエバエイガ(衣蛾)イヌホオズキイブキジャコウソウ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヘイケボタルの関連情報