コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘチマ(糸瓜) ヘチマ Luffa cylindrica; rag gourd

3件 の用語解説(ヘチマ(糸瓜)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘチマ(糸瓜)
ヘチマ
Luffa cylindrica; rag gourd

ウリ科のつる性一年草。熱帯アジア原産で,宋の頃中国に伝わり,日本には江戸時代の初めに渡来した。茎には稜があってやや角張り,葉は互生して掌状に3~7裂し,巻きひげは先端で分枝する。8~9月頃に,白みを帯びた黄色花をつける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヘチマ(糸瓜)【ヘチマ】

熱帯アジア原産のウリ科の一年生つる草。全草無毛。葉は掌状に浅裂。花は黄色で,夏〜秋に咲く。雌雄同株。雄花は総状に,雌花は葉腋(ようえき)に1個つく。果実は長さ30〜60cmの円筒形の液果で,表面は光沢のない深緑色。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ヘチマ【ヘチマ(糸瓜) sponge gourd】

熱帯アジア,おそらくインド原産のウリ科の一年草(イラスト)。日本への渡来は1600年代と考えられている。茎はつる性で,巻きひげを出して他物にからみついて伸びる。葉は長い葉柄があり,葉身は30cmほどで掌状に切れ込み,表面はざらつく。花は夏から秋に,雌花(イラスト)と雄花が同一の株につき,花冠は径5cmの黄色で5裂する。果実は長さ30~60cmの円筒形で,外面に浅い縦溝がある。成熟すると果皮の繊維が発達してじょうぶなスポンジ状となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヘチマ(糸瓜)の関連キーワードインジゴコブラ蔓茘枝コロシント瓜ウリズン豆おそらくは夢をウコンハヤトウリマクワウリ小笠原の外来植物

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone