コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘテロ接合 ヘテロせつごうhetero junction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘテロ接合
ヘテロせつごう
hetero junction

組成元素が異なる固体分子線エピタクシーなどの技術で接合すること。その接合体をヘテロ構造という。異種接合ともいう。通常,各固体中の電子のエネルギー間隙 (エネルギーギャップ ) は異なるが,結晶構造および格子定数が似ている半導体などの材料を組み合わせてつくる。同種の固体でつくるのはホモ接合と呼ぶ。組み合わせによって,p-n,n-n,p-pの接合が形成され,構造によって電子現象が変わってくる。電子のエネルギーバンド構造がなめらかにつながることはほとんどなく,接合部に急峻な変化が生じ,伝導帯と価電子帯のエネルギー障壁の高さの違い,電子と正孔の輸送の仕方の違いから電子電流あるいは正孔電流のみが流れることなどを使い,多彩な電子現象を実現できるのが最大の特徴である。発光部分を局所的に集中して,効率よく発光するようにした半導体レーザー,広い波長域にわたって効率よく光を電気に変換できる太陽電池などのほか,半導体を周期的にヘテロ接合させた超格子など,ヘテロ接合を使った多くの素子が実現している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ヘテロせつごう【ヘテロ接合】

結晶成長技術により、異種半導体を原子層レベルの急激な組成変化を示す界面で接合すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ヘテロ接合の関連キーワード家族性高コレステロール血症バイポーラ・トランジスタII高電子移動度トランジスタガリウムヒ素集積回路アルフョーロフ量子ホール効果発光ダイオード注入型レーザーヘテロ接合型ヘテロ接合体ヌードマウス化合物半導体ヒ化ガリウム異型接合型異型接合体遺伝的多型遺伝的荷重クレーマー優性遺伝子

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android