コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘバーデン結節 ヘバーデンケッセツ

2件 の用語解説(ヘバーデン結節の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ヘバーデン‐けっせつ【ヘバーデン結節】

Heberden's node》手指の第一関節に生じる、変形性関節症の一種。関節の軟骨が摩耗し、骨棘が形成され、指が動かしにくくなる。痛みを伴うことが多い。加齢に伴う症状で、中年期の女性に多く発症する。原因は不明。英国の医師W=ヘバーデンが最初に報告したところからの名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館の解説

へばーでんけっせつ【ヘバーデン結節 Heberden Node】

[どんな病気か]
 変形性関節症(へんけいせいかんせつしょう)が指の先端の関節におこると、先端の関節が太くなり、結節(けっせつ)(しこり)状になります。これをヘバーデン結節またはヘーベルデン結節といいます。
 指をよく使う職業の人に多いことから、関節の使いすぎによる変形(外傷性)、あるいは遺伝による変形(非外傷性)などが原因として考えられています。ただし、関節リウマチとは関係がありません。
[症状]
 指の先端の関節が太く、結節状となり、ときには嚢腫(のうしゅ)ができ、腫(は)れてきます。変形が進行する時期には痛むことがありますが、変形が完成し、関節の動きが悪くなるころには、痛まなくなることが多いものです。
[検査と診断]
 X線写真で、関節のすき間が狭くなっている、骨棘(こっきょく)の形成、骨の硬化など、変形性関節症に特有の像がみられます。
 血液検査では、リウマチ反応などの異常はありません。
[治療]
 痛みが強い場合は、簡単な固定と鎮痛薬が用いられます。
 関節が不安定で、物をつかんだりするときにぐらつく場合や、変形がひどい場合などは、関節固定術などの手術が必要になります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

ヘバーデン結節の関連キーワード関節炎人工股関節内反膝カシン-ベック病過尿酸性関節炎痛風性関節炎その他の変形性関節症変形性肘関節症変形性足関節症地方病性変形性骨関節炎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヘバーデン結節の関連情報