ヘラー(Hermann Heller)(読み)へらー(英語表記)Hermann Heller

  • 1891―1933

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドイツの公法・政治学者。フランクフルト大学教授。1933年初めナチス政権成立後、スペインに亡命。同年マドリードで客死す。彼の短い生涯はワイマール共和国擁護に捧(ささ)げたものであった。1925年まで成人教育運動の分野でドイツ社会民主党傘下の青年社会主義組織の「国家肯定派」の理論的代表者として活躍。1926年以降は解釈改憲によるワイマール憲法の破壊に反対し、公法・政治学の分野で一方のケルゼンの純粋法学、他方のC・シュミットの決断主義政治学をそれぞれ批判し、「倫理的法原則」に裏打ちされた権力によるドイツ国民国家の民主的再構成の理論化に努めた。さらに理論的・実践的にも、忍び寄るファシズムの危険を警告し、それと死を賭(と)して戦った。未完の遺著『国家学』(1934)では方法論として現代アメリカ政治学のシステム論に連なる国家=ゲシュタルト論を提起して、「組織としての国家」論の形で社会民主主義国家論を展開した。『国家学』は旧西ドイツの政治学再建の基礎となり、彼は「西ドイツの現代政治学の父」といわれている。また彼の「社会的法治国家」論がボン基本法に受容されて旧西ドイツの「建国の精神的父」ともいわれている。

[安 世舟]

『安世舟訳『国家学』(1971・未来社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android