コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

解釈改憲 カイシャクカイケン

3件 の用語解説(解釈改憲の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かいしゃく‐かいけん【解釈改憲】

政府や議会などが、憲法改正の手続きを経ることなく、憲法の条項に対する解釈を変更することによって、憲法の意味や内容を変えること。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

解釈改憲【かいしゃくかいけん】

憲法を正式手続きによって改正するのでなく,その条文解釈を変更することで実質的改憲を実行しようとすること。近代国家は基本的に三権分立を原則として運営されており,その大前提となる基本法として憲法を有している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

かいしゃくかいけん【解釈改憲】

正規の手続によって憲法を改めるのではなく、条文の解釈を改めることで、事実上、規定の内容に、改正された場合と同程度の変更が生じること。変更された解釈が一般に認められるようになった場合を憲法の変遷という。 → 憲法の変遷

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の解釈改憲の言及

【日本国憲法】より

…象徴天皇は,行政権の主体でもなく,対外的に日本国を代表する権能ももたないから,君主でもまた元首でもない。天皇
【運用】
 権力担当者に着目する場合,1983年現在で,憲法を運用する政治(以下,憲法政治という)は,憲法施行後の2,3年を別とすると,〈解釈改憲を求める政治〉と〈明文改憲を求める政治〉という2頭の馬につねにひかれてきたということができそうである。〈解釈改憲〉とは,憲法の明文(規定)を改正することなく,憲法の解釈をその文言と論理からは不可能なまでゆがめることによって,明文改憲が行われたと同様の状態を解釈の名においてつくり出し,憲法とは本来両立しない政治を正当化しようとする政治のしかたを意味する。…

※「解釈改憲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

解釈改憲の関連情報