コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘラー Heller, Hermann

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘラー
Heller, Hermann

[生]1891.7.17. テッシェン
[没]1933.11.5. マドリード
ドイツの政治学者,国法学者。 1928年ベルリン大学公法教授を経て,32~33年フランクフルト大学教授。 33年ナチスの台頭によりドイツを去った。国家とは「支配構造」であり,「権力保有者と権力に従属する者の組織された決定統一体であり,また活動統一体である」と説いた。主著『社会主義と国家』 Sozialismus und Nation (1925) ,『主権』 Die Souveränität (27) ,『ヨーロッパとファシズム』 Europa und der Faschismus (29) ,『国家学』 Staatslehre (34) 。

ヘラー
Heller, Joseph

[生]1923.5.1. アメリカ,ニューヨーク,ブルックリン
[没]1999.12.12. アメリカ,ニューヨーク,イーストハンプトン
アメリカのユダヤ系小説家。第2次世界大戦中,60回の爆撃行に参加,戦後コロンビア大学大学院に学ぶ。コピー・ライターのかたわら書いた『キャッチ 22』 Catch-22 (1961) は,地中海の小島を基地とする爆撃隊の物語を喜劇に仕立てたブラック・ユーモアの傑作であるが,単なる戦争批判にとどまらず,人間性を圧殺するあらゆる官僚的機構に向けられた激越な告発となっている。久しく待たれた第2作『何かが起った』 Something Happened (74) は,中年商社マンの精神分析的な告白から成る作品であった。ほかに『神のみぞ知る』 God Knows (84) ,戯曲『ニュー・ヘーブンを爆撃せり』 We Bombed in New Haven (1968) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

ヘラー

ハンガリー生まれのフランスのピアニスト・作曲家(ハンガリーでの名はヘレル・イシュトヴァーン、フランスではステファン・エレ)。
ブダペストで音楽の手ほどきを受けた後、ツェルニーに学ぶためウィーンに向かう ...続き

出典 (社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヘラー【Joseph Heller】

1923‐1999
アメリカの小説家。ロシア系ユダヤ人移民の次男としてニューヨーク市ブルックリン区に生まれ育つ。高校卒業後,空軍に入って第2次大戦の際イタリアで従軍。その体験を織りこんだ処女作キャッチ‐22》(1961)は,戦争小説の形をとりながら,現代アメリカの資本主義体制の不条理を痛烈に風刺しており,ベトナム戦争に反対する若者のあいだで爆発的な人気を博した。《輝けゴールド》(1979)は政界入りの野心に燃えるユダヤ人大学教授の内面的な堕落を描いた小説である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ヘラー【Joseph Heller】

1923~1999) アメリカの小説家。代表作に、第二次大戦を舞台に、現代社会の狂気をブラック-ユーモアの手法で描いた「キャッチ-22」がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

367日誕生日大事典の解説

ヘラー

生年月日:1891年3月27日
ドイツの国法学者
1933年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

ヘラーの関連キーワードイェリネック(Georg Jellinek)アブド・アッラッザーク・アルサマルカンディーアブドゥル・ラッザーク・サマルカンディーホークス(John Hawkes)ムンク(Edvard Munch)アドラー(Max Adler)ナチュラリッヒ・バルメフュッセファイン・チューニングリレーショナル・アートイギリス・イラン戦争バーラーモルガーブセフィードクー山脈フサイン・バイカラニューエコノミクスブランダイス大学ティームール帝国イスフィザーリーレジスタンス文学ロバート リテルウッタラカンド州

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヘラーの関連情報