ヘルソン(読み)へるそん(英語表記)Harry Helson

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘルソン(Harry Helson)
へるそん
Harry Helson
(1898―1977)

アメリカの心理学者。マサチューセッツ州の生まれ。ハーバード大学でボーリング、マクドゥーガルの指導を受け、1924年学位をとる。コーネル大学、イリノイ大学、ブライアン・マウア・カレッジを経て、第二次世界大戦中は国家国防委員会所属、その後テキサス大学教授、カンザス州立大学教授を歴任。コーネル大学に在職中(1924~1925)、コフカの演習に出てゲシュタルト心理学に興味をもち、その紹介にあたった。研究領域は非常に広いが、一般には、さまざまな判断の基準となる準拠系を研究した順応水準理論の提唱者としてよく知られている。著書に『The Psychology of Gestalt』(1926)、『Adaptation Level Theory : An Experimental and Systematic Approach to Behavior』(1964)などがある。[宇津木保]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android