コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘルフェリヒ ヘルフェリヒHelfferich, Karl

3件 の用語解説(ヘルフェリヒの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘルフェリヒ
ヘルフェリヒ
Helfferich, Karl

[生]1872.7.22. ファルツノイシュタット
[没]1924.4.3. ベリンツォーナ
ドイツの政治家,資本家。 1901年ベルリン大学教授の資格で外務省の植民地局に入り,08年ドイツ銀行総裁。 13年バルカン問題に関するパリ会談のドイツ代表。金融・通貨問題の最高権威の一人として,15年蔵相となり,ドイツの勝利を前提とした戦時公債によって戦費をまかなう財政政策を推進。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヘルフェリヒ【Karl Helfferich】

1872‐1924
ドイツの財政学者,政治家。ベルリン大学講師を経て,植民地行政に従事。1906年アナトリア鉄道会社理事,08年ドイツ銀行理事に就任,バグダード鉄道建設を推進した。15年帝国蔵相となって戦時財政を指導し,16年内相に転じた。17年11月に辞任したが,その後もドイツの戦争目的政策に関与した。第1次大戦後,反共和派政治家として登場,20年エルツベルガー蔵相を攻撃して失脚させ,国家国民党国会議員として活動。23年の通貨改革に一定の役割を演じたが,翌年4月鉄道事故で死亡。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘルフェリヒ
へるふぇりひ
Karl Helfferich
(1872―1924)

ドイツの財政家、政治家。ベルリン大学経済学講師を務めたのち、官界に転出。1908年アナトリア鉄道会社理事、同年ドイツ銀行理事となって、バグダード鉄道などドイツの海外進出事業を推進した。第一次世界大戦中の1915年、第二帝国財務相に招かれ、公債による戦費調達を続けて、戦後のインフレの原因をつくった。1916年に内相、副首相をも兼任したが、1917年11月辞任。戦後は、ワイマール共和国を批判する立場から、政界で活動。ドイツ国家人民党国会議員として、財務相エルツベルガーを攻撃して失脚させ、反共和派の台頭を促した。1923年のインフレでは、レンテンマルク成立の素地をなす提言を行ったが、1924年鉄道事故で死亡した。[木村靖二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヘルフェリヒの関連キーワード富岡製糸場竹本長十郎マレー吉沢検校(2代)ダヴィデゴンブルサ事件清水喜助アルルの女小樽(市)果樹園芸

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone