コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘンツェ ヘンツェ Henze, Hans Werner

5件 の用語解説(ヘンツェの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘンツェ
ヘンツェ
Henze, Hans Werner

[生]1926.7.1. ギューテルスロー
[没]2012.10.27. ドレスデン
ドイツの作曲家。ブラウンシュワイクの国立音楽学校ハイデルベルク宗教音楽学校に学ぶ。1949年コンスタンツのドイツ劇場でバレエの指揮者を務め,1950~53年ヘッセン国立劇場音楽監督

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヘンツェ

ドイツの作曲家。10代前半から作曲に手を染め,兵役を経て1946年よりハイデルベルクの宗教音楽学校で作曲家フォルトナーの薫陶を受けた。のちレイボビッツにも個人的に師事。
→関連項目ハルトマンホリガー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

ヘンツェ

ドイツの作曲家。作風は、新古典主義を思わせる初期の作品から、表現主義十二音技法へと移り変わっていく。ジャズの語法を採り入れ、十二音技法からは早い時期に抜けている。様々な編成の作品を手がけた。
ブ ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ヘンツェ【Hans Werner Henze】

1926‐
ドイツの作曲家。1946年ハイデルベルクの宗教音楽学校に入学,ここでW.フォルトナーに作曲を師事。48年R.レイボビッツに個人的に十二音技法を学ぶ。歌劇場指揮者として働いたが,53年にイタリアに移住し,作曲に専念する。61‐67年にはザルツブルクのモーツァルテウム音楽アカデミーで作曲を教えた。60年代後半より新左翼運動へ傾倒し,69‐70年にはキューバに滞在している。 作風は拡大された調性,自由な無調,十二音技法によるものなど,きわめて幅が広く,また表現主義的色合いが強い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘンツェ
へんつぇ
Hans Werner Henze
(1926―2012)

ドイツの作曲家。ブラウンシュワイクの音楽学校、ついでハイデルベルクの教会音楽学校でW・フォルトナーに学び、さらにレイボウィッツ門下生となる。1950~1953年ウィースバーデンのヘッセン国立劇場芸術監督に就任。1953年からイタリアへ移り創作活動に専念。1961~1967年ザルツブルクのモーツァルテウムで作曲を教える。1969~1970年キューバで教育・研究活動に携わる。1980年ケルン国立高等音楽学校の作曲科教授に就任。
 若いころから作品が認められ、交響曲、協奏曲、室内楽曲などもあるが、とくに現代のオペラ作曲家の第一人者と評価されている。新古典主義から十二音技法、第二次世界大戦後の前衛的様式に至るまでの種々の書法やベルカント的旋律、フランス風の機知など、それまでのオペラのあらゆる要素を統一して独自の舞台芸術をつくりあげた。なかでも『若い恋人たちへのエレジー』(1959~1961)は戦後のオペラの傑作とされている。ほかに『鹿(しか)の王』(1956初演)、『ホンブルクの公子』(1958)、『若き貴族』(1964)、『バッコスの信女』(1965)、『われわれは川に来た』(1976)、三島由紀夫の短編に基づいた『裏切られた海』(1990)などがあげられる。オペラ以外の作品としては、バレエ音楽『ラビリントス』(1951)、『オンディーヌ』(1957)、『交響曲第1番~第9番』(1963~1997)、『ピアノ協奏曲第1番、第2番』(1950、1967)、『バイオリン協奏曲第1番、第2番』(1947、1971)、『五つのナポリ民謡』(1956)、オラトリオ『メドゥーサの筏(いかだ)』(1968)、『レクイエム』(1993)などがある。2000年(平成12)高松宮殿下記念世界文化賞を受賞。[寺田由美子]
『吉田秀和著『吉田秀和全集3 二十世紀の音楽』新装復刊版(1999・白水社)』
「アルディッティ弦楽四重奏団演奏『ヘンツェ:弦楽四重奏曲集』CD2枚組(1994・ポリグラムIMS) ▽メッツマーハー指揮、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団演奏『交響曲第9番』(1998・東芝EMI) ▽ヘンツェ指揮、ロンドン・シンフォニエッタ演奏『バレエ音楽「ラビリントス」他』(2002・ユニバーサルミュージック) ▽ナッセン指揮、ロンドン・シンフォニエッタ演奏『バレエ音楽「オンディーヌ」全曲』CD2枚組(2002・ユニバーサルミュージック)」

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘンツェの関連キーワードハイデルベルクハイデルベルク人ハイデルベルク大学ブントクリークアルトハイデルベルクハイデルベルグ国際車いすマラソンパッヘルベルのカノンハイデルベルク春の音楽祭《アルト・ハイデルベルクの歌》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヘンツェの関連情報