コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘーゼルナッツ ヘーゼルナッツhazelnut

翻訳|hazelnut

百科事典マイペディアの解説

ヘーゼルナッツ

ハシバミの果実。ふつう西洋種(セイヨウハシバミ)の果実をさす。直径2cmぐらいの球形または卵形の堅果で,殻は薄く中の白い仁を食用にする。主産地はトルコイタリアスペインなど。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

ヘーゼルナッツ

 [Corylus avellana].ブナ目カバノキ科ツノハシバミ属の落葉低木の種子で,ハシバミといわれるもの.製菓に使われる.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヘーゼルナッツ【hazel nut】

低木性落葉樹のカバノキ科ハシバミ類の食用にされる堅果をいう。ハシバミ類で果実をつつむ苞が短いものをヘーゼルhazel,長いものをフィルバートfilbertと欧米では区別して呼ぶことがある。また前者は野生種,後者は栽培品種として区別されることもある。ハシバミ類は北半球に15種ほどが分布する。日本にはハシバミとツノハシバミの2種が分布するが,どちらも経済栽培は見られない。果樹として重要なものはセイヨウハシバミCorylus avellana L.(英名common hazel,European hazel)で,アジア西部からヨーロッパに原生し,トルコ,イタリア,スペイン,北アメリカが主産国である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のヘーゼルナッツの言及

【カバノキ[科]】より

… シデ類やアサダの材は器具,家具などに,シラカバなどの柔らかい材は民芸品やマッチの軸木,パルプなどに用いられる。ハシバミ属の果実は食用となる(ヘーゼル・ナッツ)。根粒をもつヤシャブシ類は裸地斜面の砂防用に植えられる。…

※「ヘーゼルナッツ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヘーゼルナッツの関連情報