コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベガン ベガンBéguin, Albert

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベガン
Béguin, Albert

[生]1901
[没]1957
フランスの批評家。評論『ロマン主義的魂と夢』L'Âme romantique et le rêve (1937) のほか,バルザック,ネルバル,ベルナノスパスカルや象徴派の詩人に関する論考が数多くある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベガン【Albert Béguin】

1901‐57
フランスの批評家。スイス生れ。ジュネーブバーゼルで教鞭をとったのちパリに出て,1950年以降《エスプリ》誌編集長として活躍する。《ロマン的魂と夢》(1937)をはじめとしてネルバル,バルザックなど多くの詩人を論じたその批評は,詩と夢と幻視こそ魂の深層部に源泉を汲む文学の本質だととらえ,共感を霊的な探究として展開したもの。僚友M.レーモンとともに批評のジュネーブ学派の創始者とみられている。【清水 徹】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベガン
べがん
Albert Bguin
(1901―1957)

フランスの批評家。スイス人であり、マルセル・レーモンとともにジュネーブ学派批評を代表する。ショー・ド・フォン市の生まれ。ジュネーブ大学で古典ギリシア文学を修め、のちパリに遊学、知的放浪の生活を送る。その間フランスの超現実主義経験と、ジャン・パウルJean Paul(1763―1825)発見がそのきっかけとなったドイツ・ロマン主義経験とを、いわば通底するような独創的境地を開いた。『ロマン主義的魂と夢』(1937)はその成果であり、この批評的エッセイによって彼はバーゼル大学教授となる(1937~46)。時代はしかしナチス全盛期にあたり、彼の文学的活動も、ドイツ神秘主義の堕落と彼自身の内部におけるヒューマニズムへの目覚めとによって、カトリックへの改宗、カトリック系の雑誌『エスプリ』編集長就任(1950)などにみられるように、フランス的霊性に傾くようになる。このことはまた、批評対象としては、ペギー、ベルナノスへの傾倒にみられる。しかしこの間に特筆すべきは、ネルバルとバルザックのテクストに神秘性を読んだことであり、とりわけ『幻視者バルザック』(1946。邦訳『真視の人バルザック』)は現実主義者ならざるバルザックの存在を開示すると同時に、その後、二度にわたり、彼はバルザック自身とは異なる、迫力あるやり方で『人間喜劇』を編成し直してみせた。[松崎芳隆]
『小浜俊郎・後藤信幸訳『ロマン的魂と夢』(1972・国文社) ▽西岡範明訳『真視の人バルザック』(1973・審美社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ベガンの関連キーワード新藤兼人斎藤寅次郎[各個指定]芸能部門フラー(Curtis Fuller)マキノ雅広森一生シカゴ・ホワイトソックス反右派闘争石井桃子内田吐夢

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベガンの関連情報