コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベストリス Vestris, Gaetano Apolline Baldassare

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベストリス
Vestris, Gaetano Apolline Baldassare

[生]1729.4.18. フィレンツェ
[没]1808.9.23. パリ
イタリア生れの舞踊家。父をはじめ姉弟,息子,孫も舞踊家である一家のなかで最も知られる。 1751年パリ・オペラ座の第1舞踊手になったが,バレエ・マスターと刃傷沙汰を起し,やめさせられた。 56年に復帰し,踊りの精確さと威厳に満ちた態度から「舞踊神」と呼ばれ,人気を博した。シュツットガルトで J.ノベールと仕事をし,このすぐれた振付師をパリに引戻し,『メディア』を作らせた話は有名。息子オーギュストもすぐれた舞踊家で,後年「舞踊神」の名を受継いだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベストリス【Auguste Vestris】

1760‐1842
パリ生れの舞踊家。ガエタノ・ベストリスと舞姫マリー・アラールの庶子。父に踊りを学んだが,舞踊家としては父をしのぐ力をみせ,パリ・オペラ座の第1舞踊手として36年間踊った。彼はピルエット(回転)やグラン・ジュテ(大きな跳躍)などで観客を魅了した。教師としてもすぐれており,ペローブルノンビルディドロエルスラーら第1級の踊り手を養成した。父のガエタノ・ベストリスGaetano Vestris(1729‐1808)はフィレンツェの生れ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベストリス
べすとりす
Gaetano Vestris
(1729―1808)

イタリア生まれの舞踊家。フィレンツェに生まれる。L・デュプレに学び、パリ・オペラ座に入団、ソリストとなる。優れたテクニックをもち、「舞踊の神」とよばれた。J・G・ノベール振付けの『メディアとジアソン』で、従来の慣習であった仮面を初めて着けずに踊ったといわれる。息子オーガストAuguste Vestris(1760―1842)もパリ・オペラ座の第一舞踊手として長年活躍、ピルエット(旋回)や跳躍に優れた才能を示した。姉のテレサ、弟アンジオロ、孫のアルマンも舞踊家で、ベストリス家は舞踊家の一族として有名。[市川 雅]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ベストリスの関連キーワードペロー(Jules Joseph Perrot)パリ・オペラ座バレエ団サトウナツメヤシタバコ(煙草)ベストリス夫人ブールノンビルヴェストリスリファールマシューズカズンズリンゴキーン市川

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android