コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベストリス ベストリスVestris, Gaetano Apolline Baldassare

3件 の用語解説(ベストリスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベストリス
ベストリス
Vestris, Gaetano Apolline Baldassare

[生]1729.4.18. フィレンツェ
[没]1808.9.23. パリ
イタリア生れの舞踊家。父をはじめ姉弟,息子,孫も舞踊家である一家のなかで最も知られる。 1751年パリ・オペラ座の第1舞踊手になったが,バレエ・マスター刃傷沙汰を起し,やめさせられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベストリス【Auguste Vestris】

1760‐1842
パリ生れの舞踊家。ガエタノ・ベストリスと舞姫マリー・アラールの庶子。父に踊りを学んだが,舞踊家としては父をしのぐ力をみせ,パリ・オペラ座の第1舞踊手として36年間踊った。彼はピルエット(回転)やグランジュテ(大きな跳躍)などで観客を魅了した。教師としてもすぐれており,ペロー,ブルノンビル,ディドロ,エルスラーら第1級の踊り手を養成した。父のガエタノ・ベストリスGaetano Vestris(1729‐1808)はフィレンツェの生れ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベストリス
べすとりす
Gaetano Vestris
(1729―1808)

イタリア生まれの舞踊家。フィレンツェに生まれる。L・デュプレに学び、パリ・オペラ座に入団、ソリストとなる。優れたテクニックをもち、「舞踊の神」とよばれた。J・G・ノベール振付けの『メディアとジアソン』で、従来の慣習であった仮面を初めて着けずに踊ったといわれる。息子オーガストAuguste Vestris(1760―1842)もパリ・オペラ座の第一舞踊手として長年活躍、ピルエット(旋回)や跳躍に優れた才能を示した。姉のテレサ、弟アンジオロ、孫のアルマンも舞踊家で、ベストリス家は舞踊家の一族として有名。[市川 雅]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ベストリスの関連キーワード小松基地騒音公害訴訟青森大の中国人による偽装留学問題エカチェリーナ小野蘭山軍機処経済録大山天一坊鳥居清信バーク

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベストリスの関連情報