ベタフォ石(読み)べたふぉせき(英語表記)betafite

日本大百科全書(ニッポニカ)「ベタフォ石」の解説

ベタフォ石
べたふぉせき
betafite

酸化鉱物。複酸化鉱物。パイロクロア系鉱物の一つで、ウランを主成分とし、放射能鉱物の一つに数えられる。パイロクロア系鉱物は、通常の連続固溶系を形成する鉱物の場合と異なった命名基準が適用されており、(U,Ca)1-x(Nb,Ti)2(O,OH)7で最初の括弧(かっこ)内でモル比にしてUが20%以上、第二の括弧内で2Ti(Nb+Ta)という関係が満足されるという定義である。

 花崗岩質ペグマタイト中に産する。ごくわずかではあるがカーボナタイト中からの報告もある。日本では福島県からの産出の報告はあるが、化学的な検討結果が十分でなく、現在は疑問視されている。自形は正八面体を基調とするが、a軸方向や[111]方向に伸びた直方体あるいは六角柱状となるものもある。共存鉱物は花崗岩質ペグマタイト中では、石英微斜長石、黒雲母、磁鉄鉱ジルコン、褐簾(かつれん)石、チタン石、トール石など。同定は形態、放射能の存在など。命名は原産地であるマダガスカルのベタフォBetafoにちなむ。

[加藤 昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android