コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベッダ族 ベッダぞくVedda; Wedda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベッダ族
ベッダぞく
Vedda; Wedda

スリランカ東部の森林地帯に居住し,人種学上注目されている少数部族。身長は低く (成人男子の平均身長は 155cm前後) ,体格はきゃしゃである。皮膚は濃褐色であり,頭髪は波状毛であるが,ひげや体毛は少い。長頭で,額は後退し,眉稜は発達している。オーストラロイドと似るが,その顔が低いため子供のような印象を与える。人種学的に特異な存在であり,コーカソイドの原始型という説,また,コーカソイドとオーストラロイドの古代混血種という説などがあり,定かではない。人口は数百ないし数千にすぎないといわれ明確ではない。主たる生業は採集狩猟で,かつては洞穴や岩陰に住み,隣接するシンハラ族から獣や蜂蜜などと引換えに斧や鏃を得る沈黙交易を行なった。社会組織は一夫一妻の単婚家族が基本となる。死者が出ると遺族は死体とともに住居を放棄し,骨だけになった頃に帰ってくるいわゆる遺棄葬を行う。宗教生活の中心は死者の霊魂の慰撫にあり,死者の霊が乗移るカプラーレと呼ぶシャーマンが重要な役割を果す。かつては旧石器文化を類推させるものとして人類学者の興味が集中したが,今日ではシンハラ族に吸収されて急速に衰退しつつあり,固有の言語も失われつつある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベッダぞく【ベッダ族 Vedda】

スリランカの南部山岳地帯に住む民族。シンハラ人のこの島への移住(前5世紀ころ)以前にこの地に定着していた未開民族。形質上では南インドの山岳地帯の諸民族や,東南アジアの先住民と関係が深いといわれる。しだいにシンハラ人と同化して平地に定住する傾向を示し,言語のうえでもシンハラ語を採用し,本来もっていた独自の言語を失いつつある。1964年の調査報告では800という人口があげられるが,現在ではその本来の文化を保持しつづけるコミュニティはきわめて少なくなりつつある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のベッダ族の言及

【スリランカ】より

…スリランカ第1の大河であるマハウェリMahaweli水系(335km)を開発し,乾燥地帯を灌漑して穀倉化し,南西地方の住民を移住させる計画が長期的に進められている。
[住民,言語]
 先住民族はベッダ人Veddaであるが,今日では1000名弱の人口に減少し,固有のベッダ語もしだいに失われつつあるとみられている。総人口の約74%を占めるシンハラ人が多数民族であり,低地シンハラ人と山地シンハラ人とに区分され,それぞれ適用される身分法が異なる。…

※「ベッダ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ベッダ族の関連キーワードメラノ・インド人スリランカ史スリランカ狩猟採集民ソコトラ島ベッドイドオラオン族イルラ族セノイ族鳥葬

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android