コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベッダ族 ベッダぞく Vedda; Wedda

2件 の用語解説(ベッダ族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベッダ族
ベッダぞく
Vedda; Wedda

スリランカ東部の森林地帯に居住し,人種学上注目されている少数部族。身長は低く (成人男子の平均身長は 155cm前後) ,体格はきゃしゃである。皮膚は濃褐色であり,頭髪は波状毛であるが,ひげや体毛は少い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ベッダぞく【ベッダ族 Vedda】

スリランカの南部山岳地帯に住む民族。シンハラ人のこの島への移住(前5世紀ころ)以前にこの地に定着していた未開民族。形質上では南インドの山岳地帯の諸民族や,東南アジア先住民と関係が深いといわれる。しだいにシンハラ人と同化して平地に定住する傾向を示し,言語のうえでもシンハラ語を採用し,本来もっていた独自の言語を失いつつある。1964年の調査報告では800という人口があげられるが,現在ではその本来の文化を保持しつづけるコミュニティはきわめて少なくなりつつある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のベッダ族の言及

【スリランカ】より

…スリランカ第1の大河であるマハウェリMahaweli水系(335km)を開発し,乾燥地帯を灌漑して穀倉化し,南西地方の住民を移住させる計画が長期的に進められている。
[住民,言語]
 先住民族はベッダ人Veddaであるが,今日では1000名弱の人口に減少し,固有のベッダ語もしだいに失われつつあるとみられている。総人口の約74%を占めるシンハラ人が多数民族であり,低地シンハラ人と山地シンハラ人とに区分され,それぞれ適用される身分法が異なる。…

※「ベッダ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ベッダ族の関連キーワードスリランカタミル懶熊JVP南投スリランカ内戦スリランカの愛と別れタイの山岳民族スリランカの内戦スリランカ中央高原

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone