コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベニタケ

百科事典マイペディアの解説

ベニタケ

ベニタケ科ベニタケ属の数種のキノコの総称。夏〜秋,林内地上に単生または群生する。全体に肉質でもろく,かさの表面が紅色で多少粘性があり,ひだは白〜淡黄色,柄は太く白っぽい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベニタケ
べにたけ / 紅茸
[学]Russula

担子菌類、マツタケ目ベニタケ科ベニタケ属のキノコの総称。一般に茎が太くて短く、傘は初めまんじゅう形、のち浅い漏斗(ろうと)状に開き、裏には整然と並ぶひだがあり、全体に端正な形をするものが多い。キノコには柔軟性がなく、もろくて折れやすい。これは、子実体を構成する菌糸が糸状の菌糸だけでなく、多数の球状の細胞に変形しているためである。胞子にはベニタケ科に共通する独特な突起模様がある。
 傘の色は白、黄、茶、紫、紅、赤、緑などと多彩であるが、紅から赤色の種が多く、かつ目だつことからベニタケの属名がついた。学名のRussulaの語源も、赤を意味するラテン語のrussusに基づく。ベニタケ属は、日本では40種ほどの記録にすぎないが、生物相が日本よりはるかに単純なヨーロッパにおいても、すでに160余種が記録されている(ヨーロッパにはベニタケ科専門の研究者もいる)。このことから、日本にはまだかなりの数の種が生育していると思われる。
 ベニタケ属のキノコには、辛味をもつものが少なくない。本来、辛味と毒性とは無関係であるが、紅色でとくに辛味が強いドクベニタケは、毒キノコの代表のように考えられている。しかし、ドクベニタケには毒性がなく、毒キノコとされるのは、そのけばけばしい色と強い辛味による。ベニタケ属には比較的毒キノコは少なく、ニセクロハツが唯一の猛毒菌といってよい。食菌として美味なものには、アイタケ(傘の色は緑)、シロハツ(白)、カワリハツ(紫ないし緑)、ニシキタケ(紅)などがある。なお、ベニタケ属のキノコはすべて菌根菌で、樹木と共生する。
 ベニタケ科にはほかにチチタケ属Lactariusがある。形態はベニタケ属によく似るが、乳を分泌するかどうかで両属が区別される。すなわち、乳を分泌するのがチチタケ属、分泌しないのがベニタケ属である。[今関六也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ベニタケの関連キーワードケシロハツタケ(毛白初茸)カワリハツタケ(変初茸)シロハツタケ(白初茸)アカモミタケ(赤樅茸)ドクベニタケ(毒紅茸)アカハツタケ(赤初茸)クロハツタケ(黒初茸)カラハツタケ(辛初茸)クサハツタケ(臭初茸)クロチチタケ(黒乳茸)キハツタケ(黄初茸)ツチカブリ(土被)アイタケ(藍茸)ハツタケ(初茸)チチタケ(乳茸)ベニタケ(紅茸)ニセクロハツドクベニタケニシキタケアイタケ

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android