コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベニタケ

2件 の用語解説(ベニタケの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ベニタケ

ベニタケ科ベニタケ属の数種のキノコの総称。夏〜秋,林内地上に単生または群生する。全体に肉質でもろく,かさの表面が紅色で多少粘性があり,ひだは白〜淡黄色,柄は太く白っぽい

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベニタケ
べにたけ / 紅茸
[学]Russula

担子菌類、マツタケ目ベニタケ科ベニタケ属のキノコの総称。一般に茎が太くて短く、傘は初めまんじゅう形、のち浅い漏斗(ろうと)状に開き、裏には整然と並ぶひだがあり、全体に端正な形をするものが多い。キノコには柔軟性がなく、もろくて折れやすい。これは、子実体を構成する菌糸が糸状の菌糸だけでなく、多数の球状の細胞に変形しているためである。胞子にはベニタケ科に共通する独特な突起模様がある。
 傘の色は白、黄、茶、紫、紅、赤、緑などと多彩であるが、紅から赤色の種が多く、かつ目だつことからベニタケの属名がついた。学名のRussulaの語源も、赤を意味するラテン語のrussusに基づく。ベニタケ属は、日本では40種ほどの記録にすぎないが、生物相が日本よりはるかに単純なヨーロッパにおいても、すでに160余種が記録されている(ヨーロッパにはベニタケ科専門の研究者もいる)。このことから、日本にはまだかなりの数の種が生育していると思われる。
 ベニタケ属のキノコには、辛味をもつものが少なくない。本来、辛味と毒性とは無関係であるが、紅色でとくに辛味が強いドクベニタケは、毒キノコの代表のように考えられている。しかし、ドクベニタケには毒性がなく、毒キノコとされるのは、そのけばけばしい色と強い辛味による。ベニタケ属には比較的毒キノコは少なく、ニセクロハツが唯一の猛毒菌といってよい。食菌として美味なものには、アイタケ(傘の色は緑)、シロハツ(白)、カワリハツ(紫ないし緑)、ニシキタケ(紅)などがある。なお、ベニタケ属のキノコはすべて菌根菌で、樹木と共生する。
 ベニタケ科にはほかにチチタケ属Lactariusがある。形態はベニタケ属によく似るが、乳を分泌するかどうかで両属が区別される。すなわち、乳を分泌するのがチチタケ属、分泌しないのがベニタケ属である。[今関六也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベニタケの関連キーワード藍茸毒紅茸紅茸草裏紅茸口紅茸コウタケタマゴタケチチタケハラタケフクロタケ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベニタケの関連情報