ベニヤ板(読み)ベニヤいた(英語表記)veneer

翻訳|veneer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベニヤ板
ベニヤいた
veneer

煮沸または蒸気で柔らかくした丸い原木を,専用機械のベニヤレースで,くるくる回しながら,鋭い刃物で巻紙をほぐすように削った薄板。これを何枚か張合せて合板とする。ベニヤ板は本来は単板のことであるが,日本では合板もベニヤ板と呼んでいる。合板は単板に接着剤を塗って,繊維が互いに直角になるように奇数枚重ね,圧縮機で締めつけてつくり,表面に比較的欠点の少いきれいな単板を張付ける。材料はしなの木,ぶななども用いられるが,輸入ラワンが安価のため圧倒的に多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ベニヤ板【ベニヤいた】

単板およびそれを張り合わせた合板の総称。本来,ベニヤveneerとは単板を意味するが,日本でベニヤ板という場合,両者を混同してさす。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ベニヤいた【ベニヤ板】

木材の薄板(ベニヤ)を木目の方向を一枚ごとにちがえて貼り合わせた板。合板ごうはん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ベニヤ板の関連情報