コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベラルーシ語 ベラルーシご Belorussian language

4件 の用語解説(ベラルーシ語の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベラルーシ語
ベラルーシご
Belorussian language

ベラルーシやポーランドに約 1000万人の話し手をもつ言語。ロシア語 (大ロシア語) やウクライナ語とともに,スラブ語派の東スラブ語群をなす。文献のうえで独自の特徴を示しはじめるのは 16~17世紀である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ベラルーシ語【ベラルーシご】

インド・ヨーロッパ語族の東スラブ語(スラブ語派)に属する言語。白ロシア語とも。ベラルーシ共和国の公用語。14世紀から16世紀ベラルーシがリトアニア領であったころに使用されていたが,ポーランド領,ロシア領の時代には衰退し,20世紀になって,ロシア革命後に復活した。
→関連項目ウクライナ語ベラルーシ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ベラルーシご【ベラルーシ語 Belaruskaya mova[ベラルーシ]】

ベラルーシ共和国の基本住民をなすベラルーシ人の言語。かつて国・民族・言語とも白ロシアとよばれたが,1950年代以降ベロルシアとする慣行が国際的に確立したが,ソ連解体とベラルーシ独立によりこう呼ばれるようになった。旧ソ連領内でこれを母語とする人口は約1000万(1989)であるが,海外に100万程度のベラルーシ語人口が見こまれている。ロシア語,ウクライナ語とともにスラブ語派中の東スラブ語のグループを形成するが,その分化・発達は15世紀以降のことで,それまでこの3者は古ロシア語として一体性を保っていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベラルーシ語
べらるーしご
Belarusian

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベラルーシ語の関連キーワードベラルーシ人ぞべらぞべらリベラルアーツМінскルーラルベラベララルートベラルーシ・ウクライナ福島調査団リベラル アーツ(Liberal Arts)ベラルーシ丘陵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベラルーシ語の関連情報