コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベリサリウス Belisarius; Belisarios

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベリサリウス
Belisarius; Belisarios

[生]505頃.ゲルマニア,イリュリクム
[没]565.3.
ビザンチンの軍人。ギリシア名ベリサリオス。皇帝ユスチニアヌス1世時代の名将軍。東部戦線でササン朝ペルシア軍をダラで破り (530) ,首都コンスタンチノープルでニカの乱を鎮圧 (532) ,一躍その名を高め,皇帝より厚い信頼を受けた。次いで帝国の復興の旗印のもとにアフリカのバンダルゲリメルを破り,北アフリカを帝国領とした (534) 。さらに転戦しイタリアの東ゴート王ビチギスを5年間にわたる戦闘で破り (540) ,552年の決定的勝利の道を開いた。しかしその後皇帝の不興を買い,その地位をナルセス将軍に譲った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ベリサリウス【Belisarius】

505頃~565) ビザンツ帝国の将軍。ユスティニアヌス帝に仕え、バンダル・東ゴートを征服するなどローマ帝国領回復に貢献した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベリサリウス
べりさりうす

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ベリサリウスの関連キーワードアフリカ[ローマ属州]ユスティニアヌスシルウェリウスビザンツ帝国カワード1世グレーブズビザンチンバンダル族テオドラ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android