ベルゲテ(英語表記)Berruguete, Alonso

  • Berruguete, Pedro

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1489. バレデスデナバ
[没]1561.9. トレド
16世紀スペインの彫刻家,画家,建築家。画家 P.ベルゲテの息子。 1504年イタリアへおもむき,フィレンツェで制作。初期マニエリスムの影響を受けた。 17年に帰国してカルロス5世の宮廷画家となる。作品はサラマンカのアイルランド学院の祭壇 (1529~31) ,トレド大聖堂の聖歌隊席浮彫 (39~43) 。 59年貴族に列せられた。
[生]1450頃.バリャドリド
[没]1503/1504. アビラ
スペインの画家。彫刻家 A.ベルゲテの父。 1477年にイタリアに行き,L.シニョレリとともにウルビノ公の図書館の装飾をし,82年に帰国。トレドアビラで活躍した。代表作品として『聖トマス祭壇画』 (1499~1503,アビラ,聖トマス修道院) ,『異端者を裁く聖ドミニコ』 (03頃,プラド美術館) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android