コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルゲングリューン ベルゲングリューンBergengruen, Werner

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルゲングリューン
Bergengruen, Werner

[生]1892.9.16. リガ
[没]1964.9.4. バーデンバーデン
ドイツの詩人,小説家。カトリック作家として国際的に著名。医師の子として当時の植民地バルト海沿岸のリガで少年時代を過した。ドイツの諸大学で法律,歴史,文学を学び,第1次世界大戦に従軍。 1936年カトリックに改宗ローマ帝国の理念をヨーロッパ思想の根元と考えた。多くの作品は歴史上の事件を素材にして,宗教的観点から人間性の問題を追求している。小説『大暴君と審判』 Der Grosstyrann und das Gericht (1935) ,『天上にも地上にも』 Am Himmel wie auf Erden (40) ,短編『3羽の鷹』 Die drei Falken (37) ,『スペインのばら』 Der Spanische Rosenstock (42) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ベルゲングリューン

ドイツの作家。旧ロシア領リガの生れジャーナリストから作家になる。1936年カトリックに改宗。《鷹三羽》(1937年)をはじめ限界状況の人間を描いた短編に傑作が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベルゲングリューン【Werner Bergengruen】

1892‐1964
ドイツの作家,詩人。ロシア領リガの生れで,スウェーデン系。反ロシア的民族主義の影響もあってドイツで教育を受け,第1次大戦ではドイツ軍に参加。戦後,故郷でのジャーナリスト生活を経て,1927年ドイツで作家活動に入る。36年カトリックに改宗。37年ナチスにより非ドイツ的作家として発表禁止処分を受けた。当時の長編歴史小説《大暴君と審判》(1935)などにはナチス体制への内面的抵抗が読みとれる。第2次大戦後はチューリヒ,ローマなどに居住ののち,58年西ドイツに戻った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベルゲングリューン
べるげんぐりゅーん
Werner Bergengruen
(1892―1964)

ドイツの小説家、詩人。バルト海沿岸のリガに医師(軍医として日露戦争に参加)の子として生まれる。リューベックのギムナジウム(シュトルムやトーマス・マンの母校)を経てドイツ各地の大学で学ぶうち第一次世界大戦が勃発(ぼっぱつ)し、ドイツ軍に志願する。戦後バルト防衛軍旗手(騎兵中尉)。1920年からベルリンで編集者をしながら詩や小説を書き、ロシア文学をドイツ語訳。1922年以降作家として自立、生涯に約200編の短編小説と、『アトゥムの法則』(1923)から『第三の花冠』(1962)に至る13の長編小説、数冊の詩集のほか、紀行、評伝、随想などを著し、各種の賞を受けた。1936年プロテスタントからカトリックに改宗、ミュンヘン近郊に転居。第二次世界大戦中空襲を受けチロールへ、戦後チューリヒへ移住、1958年バーデン・バーデンに定住、著作にいそしみつつ晩年を送った。
 現世を支える大きな超自然の秩序を、不安の嵐(あらし)のさなかにも信頼し続ける彼は、ナチス政府の迫害を超えて長編小説『大暴君と審判』(1935)や『天上も地上も』(1940)を世に送り、舞台を過去に設定しつつ現実の限界状況の人間のもろさと救いを描いた。『最後の騎兵大尉』(1952)以降の晩年の長編三部作は、初期の短編を巧みに組み入れながら、自伝的要素の濃い理想の熟年像を提示する。
 緻密(ちみつ)な構成、巧妙で高雅な話術、そして明るいユーモアで知られる『三羽の鷹(たか)』(1937)、『レーバルの死』(1939)、『スペインのバラ』(1941)などの短編群は、まさに彼の本領である。詩集に『ジェリコのバラ』(1936)、『怒りの日』(1945)などがある。[船山幸哉]
『植田敏郎訳『ツィーゼルちゃん』(岩波少年文庫) ▽大森五郎訳『E・T・A・ホフマン』(1970・朝日出版社) ▽戸川敬一著『落穂集』(1970・春秋社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ベルゲングリューンの関連キーワード9月16日

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android