コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベンツ ベンツ Benz, Karl Friedrich

8件 の用語解説(ベンツの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベンツ
ベンツ
Benz, Karl Friedrich

[生]1844.11.25. カルルスルーエ
[没]1929.4.4. マンハイム近郊
ガソリン内燃機関を搭載した自動車の生産に最初に成功した技術者,事業家。 1885年にまず三輪自動車を,1893年に四輪自動車を生産,1899年競走用車の最初のシリーズをつくった。 1926年ベンツ社はダイムラー社と合併,ダイムラー=ベンツの社名でメルセデス・ベンツの製造を開始し,世界有数の高級自動車メーカーに発展した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ベンツ(vent)

上着・コートの、背の中心や脇の裾にある切れ込み。布の重なりがあることがスリットと違う。馬乗りベント。「センターベンツ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ベンツ

ドイツの機械技術者。小型高速内燃機関を研究,1880年定置型の2サイクルガス機関を作り,1885年にはガソリンエンジンを搭載した三輪自動車を製作,以後マンハイムの工場で四輪自動車の開発と製造に取り組んだ。
→関連項目自動車

ベンツ

ドイツの宗教学者,教会史家。チュービンゲンベルリンローマの各大学に学び,1937年以降マールブルク大学教授。ドイツ神秘主義,東方教会史,さらにインド宗教や禅に及ぶ比較研究で知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ベンツ【Carl Friedrich Benz】

1844‐1929
ドイツの機械技術者。カールスルーエ工業学校で機械工学を学ぶ。卒業後カールスルーエ機械製作所などで働き,1871年マンハイムに機械工作場を設立,77年ころから,かねての念願であった〈馬なし馬車〉,すなわち自動車の設計にとりかかった。80年には定置型の1馬力2サイクル・ガス機関を製作,工場用原動機として注目された。83年マンハイムにガス機関工場ベンツ社を設立し,原動機の生産,販売のかたわら自動車の発明にますます力を注いだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ベンツ【vent】

ジャケットやコートの背中や両脇の裾にある切り込み。

ベンツ【Carl Friedrich Benz】

1844~1929) ドイツの技術者。ベンツ社(のちダイムラーと合併)を設立し、四サイクルのガソリン機関による自動三輪車を製作。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベンツ
べんつ
Karl Friedrich Benz
(1844―1929)

ドイツの機械技術者で、今日の自動車の発明者の一人。ドイツ南西のバーデン・ウュルテンベルク州の、フランスロレーヌに近いカールスルーエに生まれる。家は代々町長と鍛冶(かじ)屋を兼ね、父は鉄道の機関士だったが彼の生まれる4か月前に肺炎で死去。母に育てられ、19歳でカールスルーエ工科大学を卒業して数学と機関設計の学位を得た。各地を転々として働いたのちマンハイムに定住、28歳の1872年、のちに内助の功で有名になるベルタBertha Benz(1849―1944)夫人と結婚する。ブリキ工作用機械の製造販売などを行うが、1878年の暮れ、独力で2(ツー)ストローク・ガソリンエンジンを完成、1883年10月1日、ベンツ&C・ライン・ガスエンジン工場を設立、エンジンの製造を開始した。
 1884年には4(フォー)ストローク・エンジンを製作、それを用いた三輪車は1886年1月26日「ガスエンジン駆動の乗り物」としてドイツ帝国特許第37435を与えられた。これが今日史上初の実用的なガソリン自動車とされているベンツの三輪車で、1986年に世界が自動車100年を祝う根拠になった。1893年には四輪のビクトリア、翌1894年には小型四輪車のベロを完成、世紀の変わり目にかけての世界中の自動車の設計に絶大な影響を与えた。1926年、ベンツ社は最大のライバルたるダイムラー社(車名メルセデス)と合併、ダイムラー・ベンツ社(車名メルセデス・ベンツ)となる。ベンツは合併後の新会社にも役員としてとどまった。[高島鎮雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のベンツの言及

【ガソリンエンジン】より

…混合気の点火は熱した管によって行い,また気化器にはガソリン液柱の底から空気を通して気化する方式を採用していたが,このダイムラーのガソリンエンジンが実用的なガソリンエンジンの最初といえる。一方,C.ベンツも86年に電気火花点火式の4サイクルガソリンエンジンをつくり,三輪車を走らせた。このようにガソリンエンジンは,まず自動車用エンジンとして発明,発達し,高速化・高出力化,耐久性・信頼性の向上などがはかられた。…

【自動車】より


[技術開発の時代]
 内燃機関の理論を確立したN.A.オットーは,1876年に可燃性ガスを燃料とする火花点火のガス機関を改良し,ピストンとクランクを組み合わせた4サイクル作動方式の内燃機関の実用化に成功した。ドイツのG.ダイムラーは,このオットーの機関をさらに改良して,ついに実用に耐えうるガソリンエンジンをつくり,85年にガソリンエンジン二輪車を完成,また同年ドイツのC.ベンツもガソリンエンジン三輪車を完成し翌年に公開試運転を行っている。これらが今日の自動車の原型である。…

【タイヤ】より

…フランスのミシュラン兄弟は,95年パリ~ボルドー間1200kmレースに,自作の空気入りゴムタイヤをプジョーにつけて出場,パンクに次ぐパンクで22本のチューブを使い,ソリッドタイヤをつけた自動車に敗れはしたが,とにかく完走した。その前年ドイツのK.ベンツは四輪自動車の量産に取り組み,初めのうちはソリッドタイヤを用いていたが,96年にはその改良モデル車に空気入りゴムタイヤを採用した。この年アメリカにおいても自動車用のタイヤがつくられている。…

※「ベンツ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ベンツの関連キーワードダイムラーディーゼル西ドイツDLRカールスルーエカールスルーエ城笹村吉郎竹尾年助ドリボ・ドブロウォルスキー《機械技術史》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベンツの関連情報