コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベーリング ベーリング Behring, Emil von

10件 の用語解説(ベーリングの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベーリング
ベーリング
Behring, Emil von

[生]1854.3.15. ハンスドルフ
[没]1917.3.31. マールブルク
ドイツの細菌学者,免疫学者。 1877年ベルリンで医師の資格を得,軍医となり,88年ベルリンの陸軍医科大学講師。 89年ベルリンのコッホ伝染病研究所助手となり R.コッホに師事。翌年北里柴三郎とともに破傷風血清療法を創案,90年 12月3日「破傷風抗毒素血清」を共同研究として発表,その1週間後にはベーリング単独でジフテリアの血清療法を公にした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ベーリング
ベーリング
Bering, Vitus Jonassen

[生]1681
[没]1741.12.19.
デンマーク生れのロシアの航海者。 1703年ロシア海軍に入り,24年までバルト海アゾフ海艦隊に勤務。 25年第1次カムチャツカ遠征隊 (1725~30) 隊長に任じられた。この遠征の目的はアジアアメリカの間が地峡か海峡かという謎を解決するためで,彼はのちにベーリング海峡呼ばれる海峡を通過したが,このときにはそれに気づかず,謎を解くことはできなかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ベーリング(Emil Adolph von Behring)

[1854~1917]ドイツの細菌学者。北里柴三郎とともに破傷風菌ジフテリア菌抗毒素血清を作製。1901年ノーベル生理学医学賞受賞。

ベーリング(Vitus Jonassen Bering)

[1681~1741]ロシアの探検家。デンマーク生まれ。カムチャツカ探検隊の隊長となり、1728年にベーリング海峡に達し、アジアとアメリカが陸続きでないことを確認した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ベーリング

ドイツの細菌学者,免疫学者。初めは軍医。ベルリン大学コッホに師事し,のちハレ,マールブルク両大学の教授。北里柴三郎らと協力してウサギヒツジなどで,破傷風やジフテリアに対する抗血清をつくらせることに成功,それが他の動物にも有効であることを示し,血清療法の道を開いた。
→関連項目ジフテリア血清

ベーリング

デンマーク生れの航海者,探検家。ロシア海軍に入り,ピョートル大帝の命をうけて1725年―1730年にカムチャツカ海域の探検を指揮し,アジアとアメリカ大陸の間に海峡(ベーリング海峡)があることを確認した。
→関連項目ウナラスカ[島]コマンドル[諸島]セント・ローレンス[島]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ベーリング【Emil von Behring】

1854‐1917
ドイツの細菌学者。血清療法の創始者として有名。ハンスドルフ(現,ポーランド)に生まれ,ベルリン大学で医学を学ぶ。卒業後,陸軍軍医となり,1888年にはベルリンの軍医学校教官となったが,翌年,ベルリン大学衛生学研究室に移り,R.コッホの助手となって細菌学の研究に従事。北里柴三郎とともに,ラットを用いて,ジフテリアと破傷風抗毒素血清の単離,同定に成功した。この業績はその後の免疫学に大きな影響を与え,これにより1901年ベーリングはノーベル医学・生理学賞を授与された。

ベーリング【Vitus Jonassen Bering】

1681‐1741
デンマーク生れのロシアの探検家,航海家。1703年以後,ピョートル1世治下のロシア艦隊に勤務し,24年大尉として分遣艦隊司令に任命された。25年アジア大陸とアメリカ大陸の間の海峡(今のベーリング海峡)有無の確認を目的とする第1次カムチャツカ探検(1725‐30)の隊長をつとめた。その結果が不十分であるとして,33年第2次カムチャツカ探検隊が編成され,その長を命ぜられた。多くの専門家を動員した大規模なもので,シベリア,北氷洋岸,北太平洋の調査と,日本への航路の探検が進められた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ベーリング【Emil von Behring】

1854~1917) ドイツの細菌学者。北里柴三郎と共同研究で破傷風血清を発見。また、ジフテリア血清をも発見し、血清療法を創始。

ベーリング【Vitus Jonassen Bering】

1681~1741) デンマークの航海者。ロシア海軍に入り、カムチャツカ探検隊隊長として、1728年北アメリカ大陸とアジア大陸の間の海峡(ベーリング海峡)を確認。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のベーリングの言及

【医学】より

…1883年E.クレブスとF.A.J.レフラーがジフテリア菌を発見,90年には同門の北里柴三郎は菌から毒性成分を分離した。彼はさらにベーリングとともに,これを動物に少量ずつ注射して,かなりの量にも耐えられるようになったところで,その動物の血清がジフテリアにかかった動物を回復させる能力のあることを発見(1893),同様な方法で,2人は破傷風についても治療血清をつくりだした。フランスのL.パスツールは,細菌学の知識を利用して醸造業の能率向上,畜産獣医学方面での防疫法をつぎつぎと開発,人間においても狂犬病ワクチンの開発に成功した(1885)。…

【アラスカ[州]】より

…北アメリカ大陸北西端にあり,48州とは離れており,その結果,合衆国は典型的な飛地国を形成する。ベーリング海峡とアレウト列島西部でロシアに対する。地形は全体に山がちで,アラスカ湾に面した南部から南東部にかけてアラスカ山脈,コースト・レーンジズ(海岸山脈)が走り,山岳氷河がよく発達している。…

【コマンドル[諸島]】より

…太平洋とベーリング海の間にある諸島。カムチャツカ半島の東方約200kmにあり,ロシア連邦カムチャツカ州に属する。…

※「ベーリング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ベーリングの関連キーワードデンマーク王立バレエ団北東航路サークイェルマークハンマークラビアデンマーク連合王国デンマーク王立歌劇場管弦楽団フライト・トゥ・デンマークカール[12世]デンマーク温血種 (Danish Warmblood)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベーリングの関連情報