コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペステリ ペステリPestel', Pavel Ivanovich

3件 の用語解説(ペステリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペステリ
ペステリ
Pestel', Pavel Ivanovich

[生]1793.7.5. モスクワ
[没]1826.7.25. ペテルブルグ
ロシアの軍人,デカブリストの一人。 1816年デカブリストの最初の秘密結社救済同盟」に加入。 21年南ロシアのツリチンに「南方結社」をつくってその指導者となった。 24年革命後のロシアの改造案ともいうべき『ルースカヤ・プラウダ』を作成,共和制を掲げた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ペステリ【Pavel Ivanovich Pestel’】

1793‐1826
ロシアの革命家,デカブリストの指導者。東シベリア総督イワンペステリの子として生まれ,1805‐09年ドイツドレスデンで学んだあと,中央幼年学校に入学。卒業後ナポレオン戦争に参加し,外征も経験する。21年大佐に昇進し,ビャトカ連隊長に任命される。1816年デカブリストの最初の秘密結社である〈救済同盟〉に加入したあと,18年には第2の結社である〈福祉同盟〉の支部を,自分の勤務する南ロシアのトゥリチンにつくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペステリ
ぺすてり
Павел Иванович Пестель Pavel Ivanovich Pestel'
(1793―1826)

ロシアの革命家、デカブリスト(十二月党員)。中央幼年学校を卒業後、祖国戦争ナポレオン戦争)に参加し、ナポレオンの軍隊を追って各地に転戦した。1816年、デカブリストの最初の秘密結社である「救済同盟」に加入。18年、勤務地である南ロシアのトゥリーチンに二番目の結社の「福祉同盟」の支部をつくった。21年大佐に昇進。この年3月デカブリストの「南方結社」を創設しその指導者となった。彼は、農奴制と専制政治を廃止し、将来ロシアが共和国となったときの憲法ともいうべき「ルースカヤ・プラウダ」(ロシア法典)を起草し、これを結社の綱領とした。25年12月、蜂起(ほうき)の直前に逮捕され、裁判ののち、他の4人の指導者とともに処刑された。[外川継男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のペステリの言及

【ルスカヤ・プラウダ】より

…この法典はその後のロシア,リトアニアにおける法典作成の典拠とされた。(2)デカブリストの《ルスカヤ・プラウダ》は,1824年〈南方結社〉の指導者ペステリPavel Ivanovich Pestel’(1793‐1826)の作成した憲法草案で,当面の目標として,専制政治の打倒と農奴制の廃止を唱える。私有地の存在と貧富の差を肯定し,貧民のために国有地の活用を予定している。…

【ルスカヤ・プラウダ】より

…この法典はその後のロシア,リトアニアにおける法典作成の典拠とされた。(2)デカブリストの《ルスカヤ・プラウダ》は,1824年〈南方結社〉の指導者ペステリPavel Ivanovich Pestel’(1793‐1826)の作成した憲法草案で,当面の目標として,専制政治の打倒と農奴制の廃止を唱える。私有地の存在と貧富の差を肯定し,貧民のために国有地の活用を予定している。…

※「ペステリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ペステリの関連キーワード上田秋成ジャコバン憲法バンデーの反乱サラブレッド若宮丸漂流民連邦議会の拡張函館港若宮丸渡辺崋山アジソン

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone