ペッペルマン(英語表記)Pöppelmann, Matthäus Daniel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ペッペルマン」の解説

ペッペルマン
Pöppelmann, Matthäus Daniel

[生]1662.5.3. ヘルフォード
[]1736.1.17. ドレスデン
ドイツの建築家。ドレスデンで活躍。最初は彫刻家であったが,1705年ザクセン選帝侯に仕え,宮殿の建築に従事。フリードリヒ・アウグスト1世の命を受けて,ローマで C.フォンタナ,ウィーンで J.ヒルデブラントの建築を学び,その成果がツウィンガー祭典広場 (ドレスデン) として結実。ドイツ・バロック建築の最高傑作として知られる。ドレスデンの日本宮殿 (1715~17) ,ピルニッツ宮殿 (20~32) なども手がけた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「ペッペルマン」の解説

ペッペルマン
ぺっぺるまん
Matthäus Daniel Pöppelmann
(1662―1736)

ドイツの建築家。ヘルフォルトに生まれ、ドレスデンで死去。1686年ザクセン選帝侯に仕え、1718年ザルツブルク、ウィーン、ローマおよびパリに研究旅行後、ドレスデンのアウグスト2世(強健王)の宮廷で首席建築家となり、バロック風の壮麗な宮殿造営に従事した。現存する建築プランによれば、彼の基本形式は最初はイタリア風、のちにフランス趣味がみられるが、代表作ツビンガー(宮殿内庭。1711~28)その他には、当時流行のシナ趣味も反映している。

[野村太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「ペッペルマン」の解説

ペッペルマン

ドイツの建築家。おもにドレスデンで活躍し,1705年にザクセン選帝侯の宮廷建築家となる。ドレスデンの宮殿の一部として建てたツウィンガー宮(1711年―1722年)はドイツ後期バロックの世俗建築を代表するものの一つ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android