コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペッペルマン ペッペルマン Pöppelmann, Matthäus Daniel

3件 の用語解説(ペッペルマンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペッペルマン
ペッペルマン
Pöppelmann, Matthäus Daniel

[生]1662.5.3. ヘルフォード
[没]1736.1.17. ドレスデン
ドイツの建築家。ドレスデンで活躍。最初は彫刻家であったが,1705年ザクセン選帝侯に仕え,宮殿の建築に従事。フリードリヒ・アウグスト1世の命を受けて,ローマで C.フォンタナウィーンで J.ヒルデブラントの建築を学び,その成果がツウィンガー祭典広場 (ドレスデン) として結実。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ペッペルマン

ドイツの建築家。おもにドレスデンで活躍し,1705年にザクセン選帝侯の宮廷建築家となる。ドレスデンの宮殿の一部として建てたツウィンガー宮(1711年―1722年)はドイツ後期バロックの世俗建築を代表するものの一つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペッペルマン
ぺっぺるまん
Matthus Daniel Pppelmann
(1662―1736)

ドイツの建築家。ヘルフォルトに生まれ、ドレスデンで死去。1686年ザクセン選帝侯に仕え、1718年ザルツブルク、ウィーン、ローマおよびパリに研究旅行後、ドレスデンのアウグスト2世(強健王)の宮廷で首席建築家となり、バロック風の壮麗な宮殿造営に従事した。現存する建築プランによれば、彼の基本形式は最初はイタリア風、のちにフランス趣味がみられるが、代表作ツビンガー(宮殿内庭。1711~28)その他には、当時流行のシナ趣味も反映している。[野村太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペッペルマンの関連キーワードローレベルフォーマットダブルフォールトエンゼルフォール低レベルフォーマットフォーヘルコップ半島ギルフォードの犯罪メタモルフォーゼンミートフォークヘレフォード[種]ミルフォード・トラック

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone