コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペトルーシカ ペトルーシカ Petrushka

3件 の用語解説(ペトルーシカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペトルーシカ
ペトルーシカ
Petrushka

4場から成るバレエ。台本 A.ブノアと I.ストラビンスキー。音楽ストラビンスキー。振付 M.フォーキン。装置ブノア。 1911年パリのシャトレ座で S.ディアギレフバレエ・リュスによって初演され,V.ニジンスキー,T.カルサビナ,E.チェケッティらが出演。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ペトルーシカ

ストラビンスキー作曲のバレエ音楽ペトルーシュカとも。ロシアの道化,ペトルーシカの悲恋を三体の人形によって描いた作品。最初の発想は作曲者自身によるといわれる。ストラビンスキーとA.N.ブノア〔1870-1960〕(美術も)の台本,フォーキンの振付で,1911年〈バレエ・リュッス〉のパリ公演で初演。
→関連項目モントゥー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ペトルーシカ【Pétrouchka】

ストラビンスキーの音楽による1幕4場のバレエ。台本はブノア(A.N.ベヌア,衣装・装置も担当)とストラビンスキーによる。振付はフォーキン。1911年6月ディアギレフのバレエ・リュッスによりパリのシャトレ座で初演された。雪におおわれたペテルブルグ見世物小屋での出来事,人間の魂を与えられた三つの人形,ペトルーシカ,踊り子ムーア人の恋の葛藤を描く。ペトルーシカを踊ったニジンスキーのすばらしい演技で大成功をおさめた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のペトルーシカの言及

【口承文芸】より

…動物の仮面やパントマイムを伴う民衆演劇はさまざまな冬の祭事とむすびついてスラブ全域にひろまっているが,ウクライナ西部でその古形がよく保たれている。ペトルーシカを主人公とするロシアの人形劇はチェコで発達した人形劇が東漸したとする説がある。口承文芸の中で最も主要なジャンルの一つである昔話は東スラブとりわけロシアと白ロシア(ベラルーシ)で最も豊富に伝わっている。…

【ストラビンスキー】より

…08年に発表した管弦楽曲の《スケルツォ・ファンタスティック》と《花火》の2曲が,ディアギレフに認められ,この天才的な興行師から,バレエ・リュッスのパリ公演のためのバレエ音楽の作曲を委嘱された。《火の鳥》《ペトルーシカ》《春の祭典》が,バレエ・リュッスによってパリで上演され,いずれもセンセーショナルな話題を集め,ロシアの新進気鋭の作曲家の名前は,一躍ヨーロッパの音楽界に広まった。この初期の三大バレエ音楽は,ロシア民謡風の4音ないし5音の旋律,従来の拍節構造によらない自由なリズム,斬新なオーケストレーション,コラージュ風の構成法を用いており,新しい音楽的空間と音楽的時間を生みだした。…

【バレエ音楽】より

… 1910年代から20年代にかけて,ディアギレフの主宰する〈バレエ・リュッス〉のために,現代音楽の新しいイズムをもったバレエ音楽が相次いで創造される。ストラビンスキーの《火の鳥》(1910)と《ペトルーシカ》(1911)と《春の祭典》(1913),J.M.ラベルの《ダフニスとクロエ》(1912),ドビュッシーの《遊戯》(1912)などである。一方,同じ時期に発表されたファリャの《恋は魔術師》(1915)と《三角帽子》(1919)は,民族的色彩の濃いバレエ音楽として知られる。…

【フォーキン】より

…しかしバレエ・リュッスのパリ公演を企画したディアギレフはこの改革案に共感し,1909‐12年,14年のバレエ・リュッスの演目のほとんどをフォーキンに委嘱する。この時期に《レ・シルフィード》(1909),《ペトルーシカ》(1911),《ダフニスとクロエ》(1912),《金鶏》(1914,音楽はリムスキー・コルサコフ)など,20世紀バレエの幕開けを告げる名作がつくられた。これらは〈すべてのバレエはその主題と音楽に即した動きを与えられるべきで,古典舞踊のステップの濫用はさけなければならない〉という彼の主張を具現したものである。…

【ベジャール】より

…60年ブリュッセルのモネ劇場(1963年ベルギー国立劇場となる)の中に20世紀バレエ団を結成。《春の祭典》《ロミオとジュリエット》《ペトルーシカ》などの創作でバレエに演劇的要素を組み入れ,独自のスペクタクルを誕生させた。以後20世紀バレエ団は異色の集団バレエで国際的な反響を呼び起こした。…

※「ペトルーシカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ペトルーシカの関連キーワードストラビンスキー春の祭典ロビンズペトルーシュカニジンスキーの手ニジンスキー、神の道化兵士の物語ライモンダコトランスキー岩ストラヴィンスキー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ペトルーシカの関連情報