ペドロ1世[ブラジル皇帝](読み)ペドロいっせい[ブラジルこうてい](英語表記)Pedro I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペドロ1世[ブラジル皇帝]
ペドロいっせい[ブラジルこうてい]
Pedro I

[生]1798.10.12. リスボン
[没]1834.9.24. リスボン
ブラジル初代皇帝 (在位 1822~31) ,ポルトガル王 (在位 1826) 。ドン・ペドロ1世とも呼ばれる。ポルトガルのブラガンサ家出身。ジョアン6世 (温厚王)の子。 1807年 11月ナポレオン戦争の惨禍を避けるため王室とともにブラジルに向かい,1808年3月リオデジャネイロに上陸,父ジョアン6世が 1821年帰国したのちもブラジルにとどまり,1822年独立を宣言,初代皇帝に即位した。独立後,本国派とブラジル派が対立し,皇帝は自由主義的な憲法を目指した憲法制定会議を閉鎖,1824年3月絶対主義的な新憲法を公布した。これに反対して武装蜂起した共和派を軍隊が制圧。 1825年ウルグアイの帰属をめぐるアルゼンチンとの戦争に敗れ,1828年ウルグアイの独立を承認した。国民はこれを不満とし,1831年大規模な反皇帝暴動にまで発展,皇帝は5歳の皇太子 (ペドロ2世 ) に皇位を譲って4月ポルトガルに帰国した。ポルトガルでは 1826年ジョアン6世の死で,王位継承権をめぐって紛糾,ペドロは一時ペドロ4世の名でポルトガル王位についたが,娘マリア・ダ・グロリアに譲位。保守派は実弟ドン・ミゲルを擁立,マリアを追放したがペドロはミゲルと戦い,マリアを復位させ内乱に終止符を打った。専制的な反面,芸術を愛好し,ポルトガル国歌 (1910年まで) の作曲者でもあった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android