コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペレス・ガルドス ペレス・ガルドス Pérez Galdós, Benito

2件 の用語解説(ペレス・ガルドスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペレス・ガルドス
ペレス・ガルドス
Pérez Galdós, Benito

[生]1843.5.10. カナリア諸島ラスパルマス
[没]1920.1.4. マドリード
スペインの小説家,劇作家。 1862年にマドリードに出て法律を学んだが,大学を中退,宗教的非寛容に反対し,政治的自由主義を主張して評論家として活躍。トラファルガル海戦からフェルナンド7世の死までを扱った歴史小説『国史挿話』 Episodios nacionales (1873~79) を発表し,またフランス自然主義の影響を受けた小説や,社会問題を扱った戯曲を書いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ペレス・ガルドス

19世紀スペイン最大の小説家,劇作家。ジャーナリストを経た後,《黄金の泉》(1868年)で文壇にデビュー。以後50年以上にわたり膨大な作品を残した。19世紀スペインを小説に描き尽くそうとした彼の業績は,トラファルガーの海戦から王政復古に至るまでの19世紀スペインの歴史を描いた《国民挿話》と,スペイン社会の様々な問題をマドリードの庶民生活を題材に描いた《スペイン現代小説集》の二つに集約される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ペレス・ガルドスの関連キーワードカナリア諸島グランカナリア島サンタクルスデテネリフェフリージア諸島カナリア大天体望遠鏡ラスパルマスデグランカナリアカナリア諸島音楽祭ドゴ・カナリオポデンコ・カナリオサンタ・クルス・デ・テネリフェ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone