コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペン画 ペンがpen drawing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペン画
ペンが
pen drawing

ペンを用いて描いた。外郭と線の複合でイメージを表わす方法で,絵画のエスキス,細密画,漫画などにおける重要な表現手段である。ピサネロ,レオナルド・ダ・ビンチ,デューラー,レンブラント,マチス,ピカソなどが大家として知られ,現代では漫画,劇画,イラストレーション,デザインの分野で活用されている。 (→淡彩 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ペン‐が〔‐グワ〕【ペン画】

ペンで描いた絵。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ペンが【ペン画】

ペンでかいた絵画。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペン画
ぺんが

ペンとインキを用いた絵画の総称。西洋美術史上、ペンはもっとも重要な素描用具の一つである。原理的にはほとんどの素材がペンになりうるが、実際には弾力、耐久性、インキの保持力などの諸条件から、その材料はごく限られている。古代エジプト以来、アシがペンの主材料であったが、7世紀ごろ、より柔軟で耐磨性のある鳥の羽軸がこれにとってかわった。一方、早くから、耐久性に優れ、しかも使いよい金属ペンの考案が重ねられたが、18世紀後半に至るまで満足のゆくものは生まれなかった。
 葦(あし)ペンは乾燥したアシの茎を斜めに切り落とし、先を割ったもので、線質は太くやや自在さに欠ける半面、力強さがある。とりわけゴッホはこのペンを好み、またレンブラントにもこれを用いた優れた素描がある。羽ペンは俗に鵞(が)ペンともいわれるように、ガチョウの羽軸が最良とされたが、ハクチョウやカラスもこれに次いで用いられた。これは羽軸の先を熱した砂にさして固め、これを斜めに削って先を割ったものである。ルネサンスから19世紀に至るまで、ほとんどの画家や彫刻家がこれを用いて素描している。
 ペン画に用いられるインキには、墨、鉄没食子(もっしょくし)インキ、ビスタ・インキ、セピア・インキなどがある。古い素描の場合、墨以外はほとんど褐色を呈している。ビスタおよびセピア・インキはもともと褐色だが、鉄没食子インキは本来は青ないし黒系の色で、時間を経て変色あるいは退色した場合が多いので、それが画家の本来意図した色と考えるのは危険である。また、酸化鉄系インキの素描では、紙が酸化によって「焼け」て劣化していることが多い。19世紀に流行したセピア・インキは、烏賊(いか)墨を原料としたものだが、類似の発色効果のあるものを総称してセピアとよんだ。[八重樫春樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ペン画の関連キーワードデイビッド マコーレーライナー チムニクヌエット ノエル敵中横断三百里オーデュボンヨルダーンスルーベンスヤンセンス樺島 勝一斎藤五百枝クリンガー岡本 帰一ホーゼマンビアズリー少年ケニヤ伊藤彦造高桑義生ヘーム家上田麗奈ヌエット

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ペン画の関連情報