コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペーパーバック ペーパーバック paperback

翻訳|paperback

6件 の用語解説(ペーパーバックの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ペーパーバック(paperback)

紙表紙だけによる略装本。文庫本や新書版の類。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ペーパーバック

紙装の書籍,特に多部数・廉価の本。第2次世界大戦前に登場した世界の有名なペーパーバックシリーズとしては,英国のペンギン・ブックス,米国のポケット・ブックスフランスクセジュ文庫ドイツレクラム文庫などがある。
→関連項目新書判製本

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ペーパーバック【paperback】

紙表紙を用いた軽装本。ソフトカバー・ブックsoftcover bookともいう。上製本である堅表紙本(ハードカバー)hardcover bookあるいは布表紙本clothbound bookなどに対して名づけられたものだが,〈それは数万部以下で出版されることはなく,1冊の定価も1時間相当の労働賃金を超えることはあまりない〉(R.エスカルピ)といわれるように,その特徴は大量性と廉価性にある。ペーパーバックの始まりは19世紀のドイツやアメリカに求めることができるが,内容・形態の点からみて,1935年にイギリスアレンレーンが刊行したペンギン・ブックスこそ今日的ペーパーバックの始まりといえよう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ペーパーバック【paperback】

仮製本で、紙の表紙をつけただけの簡略な装丁の本。廉価な普及版に多い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペーパーバック
ぺーぱーばっく
paperback

紙表紙を用いた低価格の軽装本。ソフトカバーsoftcoverともよばれ、上製の堅表紙本(ハードカバーhardcover)と対比した意味で用いられる。日本の文庫本、新書判がこれにあたる。ヨーロッパのペーパーバックの起源は、1837年にドイツで発刊されたタウフニッツTauchnitzとされているが、第一次世界大戦以前において世界的にもっとも著名な軽装本シリーズは、日本では「レクラム文庫」で知られるドイツのレクラム社Reclam Verlag刊行の万有文庫Universal-Bibliothekであった。第一次世界大戦後においては、1935年にイギリスで発刊されたペンギン・ブックスPenguin Booksと、39年にアメリカで創刊されたポケット・ブックスPocket Booksが著名である。
 両シリーズは、第二次世界大戦後の教育普及、国民所得の向上、余暇時間の拡大といった社会変革を背景として、世界の主要出版国において、出版革命とよばれるほどのペーパーバック出版の推進、普及に貢献した。出版革命の進展につれ、既刊ハードカバーの再刊だけでなく、ハードカバーとの同時出版、書き下ろし作品の出版も盛んになり、また内容も学術論文、美術、児童文学に至るまでの多様化が進んだ。また、公共図書館でのペーパーバックの貸出しが目だつようになったり、ペーパーバック専門のブック・クラブが誕生するなど、ハードカバーにかわって出版界の主流となるまでに至った。
 ところが、1998年のアメリカにおけるペーパーバックの年間売上げ冊数は4億8000万冊で、1990年代なかばに比べて約9%減少した。ペーパーバック1冊の平均価格が上昇しているため、年間売上高は約15億ドルに達し、利益は生み出しているものの、売上げの不振が続いている。かつては上製のハードカバー1冊の売上げに対してペーパーバックは8~10冊もの売上げを記録していたが、90年代終わりではペーパーバック1冊につきハードカバー2冊と逆転するに至っている。
 その売上げ不振の要因としては、以下のような点が指摘されよう。
(1)有力読者層が高齢化し、小型活字を読むのが困難となっている。
(2)ペーパーバック取次業界での吸収合併が活発化した結果、業者数が激減し、小売店(スーパーマーケット、ドラッグストアなど)への卸し業務が十分に機能できなくなった。
(3)ペーパーバックの価格上昇によって、大幅割引き(20~40%引き)されるハードカバー新刊書との価格差が消滅している。[金平聖之助]
『金平聖之助著『世界のペーパーバック』(1973・出版同人) ▽R・エスカルピ著、清水英夫訳『出版革命』(1979・日本エディタースクール出版部) ▽枝川公一著『ペーパーバック入門』(講談社現代新書) ▽P・スフリューデルス著、渡辺洋一訳『ペーパーバック大全 USA 1939-1959』(1992・晶文社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典の解説

ペーパーバック

仮製本の軽装本.紙表紙で,ハードカバーに対する用語.大量部数生産され,携帯に便利なこと,廉価なことなどの理由で今日広く普及している.現代のペーパーバックの廉価版シリーズは,歴史的には1935年に英国のレーン(Allen Lane 1902-1970)が創刊したPenguin Booksが始まりといわれ,その後米国でPelican Books,Pocket Booksなどが創刊された.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペーパーバックの関連キーワード青表紙エバーソフト書皮ソフトカードミルクソフトカラーハードカバーブックカバーショートカバーフットカバーコートカバリング

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ペーパーバックの関連情報