コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホタルイ(蛍藺) ホタルイScirpus juncoides

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホタルイ(蛍藺)
ホタルイ
Scirpus juncoides

カヤツリグサ科の一年草。日本各地の小溝や湿地に生え,高さ 20~30cmのイに似て細く,ほぼ円柱状のを叢生する。葉は稈の基部を鞘状に取巻くだけで,一見して葉がないようにみえる。夏,稈の途中に長球形で淡緑褐色の花穂を数個ずつつける。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ホタルイ(蛍藺)の関連キーワードカヤツリグサ科

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android