コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホタルイ

2件 の用語解説(ホタルイの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ホタルイ

日本全土,東アジアの平地や山地の水辺にはえるカヤツリグサ科多年草。茎は細くてまるく,緑色で高さ15〜60cm,短い根茎上に束生。葉は鱗片状に退化して茎の基部に少数つく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホタルイ
ほたるい / 蛍藺
[学]Scirpus juncoides Roxb.

カヤツリグサ科の一年草または多年草。稈(かん)は丸く、多数集まって株をつくり、高さ15~60センチメートル。夏、稈頂に無柄の小穂を数個つけるが、包葉が発達し、花序は側生状にみえる。湿地や沼沢に生え、休耕田では大きな群落をつくる。生育が旺盛(おうせい)で、水田で発生するとイネに大きな害を与える。休耕田や湿地では塊状の茎基部が残り、翌年新しい個体が発生する。北海道から沖縄、および朝鮮半島、中国、インドに分布する。名は、ホタルの発生する所によくみられることによる。よく似たカンガレイS. triangulatus Roxb.は稈の断面は三角形で、高さ0.5~1.3メートル。生育地はホタルイと同じで、日本全土に分布する。[木下栄一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のホタルイの言及

【フトイ(太藺∥莞)】より

…日本,中国,マレーシア,南北アメリカと,太平洋を囲んで広く分布している。 日本で比較的よく見かけるフトイ属Schoenoplectusの植物には,サンカクイ(三角藺)S.triqueter Palla(イラスト),カンガレイS.mucronatus Palla ssp.robustus T.Koyama,ホタルイS.juncoides Palla ssp.hotarui (Ohwi) T.Koyama(イラスト)等がある。サンカクイは散房状の花序をもち,花序の上に突き出た茎の生長部の苞の先がとがるので,サギノシリサシの異名がある。…

※「ホタルイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホタルイの関連情報