コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホタルイ

百科事典マイペディアの解説

ホタルイ

日本全土,東アジアの平地や山地の水辺にはえるカヤツリグサ科の多年草。茎は細くてまるく,緑色で高さ15〜60cm,短い根茎上に束生。葉は鱗片状に退化して茎の基部に少数つく。夏〜秋,茎頂に柄のない長さ8〜15mm,淡緑色の小穂を数個頭状につける。小穂の基部には茎と同形の包葉がつくため,小穂は茎の途中に側生するように見える。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホタルイ
ほたるい / 蛍藺
[学]Scirpus juncoides Roxb.

カヤツリグサ科の一年草または多年草。稈(かん)は丸く、多数集まって株をつくり、高さ15~60センチメートル。夏、稈頂に無柄の小穂を数個つけるが、包葉が発達し、花序は側生状にみえる。湿地や沼沢に生え、休耕田では大きな群落をつくる。生育が旺盛(おうせい)で、水田で発生するとイネに大きな害を与える。休耕田や湿地では塊状の茎基部が残り、翌年新しい個体が発生する。北海道から沖縄、および朝鮮半島、中国、インドに分布する。名は、ホタルの発生する所によくみられることによる。よく似たカンガレイS. triangulatus Roxb.は稈の断面は三角形で、高さ0.5~1.3メートル。生育地はホタルイと同じで、日本全土に分布する。[木下栄一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のホタルイの言及

【フトイ(太藺∥莞)】より

…日本,中国,マレーシア,南北アメリカと,太平洋を囲んで広く分布している。 日本で比較的よく見かけるフトイ属Schoenoplectusの植物には,サンカクイ(三角藺)S.triqueter Palla(イラスト),カンガレイS.mucronatus Palla ssp.robustus T.Koyama,ホタルイS.juncoides Palla ssp.hotarui (Ohwi) T.Koyama(イラスト)等がある。サンカクイは散房状の花序をもち,花序の上に突き出た茎の生長部の苞の先がとがるので,サギノシリサシの異名がある。…

※「ホタルイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ホタルイの関連キーワードほたるいかミュージアムホタルイカ(蛍烏賊)兵庫県美方郡新温泉町富山県滑川市河端町富山県滑川市渡瀬 庄三郎富山県魚津市石川千代松滑川[市]幼虫移行症渡瀬庄三郎魚津[市]魚津(市)魚津水族館ホタルイカキラリン発光器官シマダコ郷土料理発光動物

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android