コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホタルガ ホタルガ Pidorus glaucopis

3件 の用語解説(ホタルガの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホタルガ
ホタルガ
Pidorus glaucopis

鱗翅目マダラガ科。前翅長 25~30mm。体は細く,頭部は赤色であるが他は黒色で,前翅に白色帯がある。翅は広くてチョウ形。触角は雌雄とも櫛状である。成虫は昼飛性で,捕えると悪臭を出す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ホタルガ

鱗翅(りんし)目マダラガ科の1種。日本全土,朝鮮,中国,台湾,ミャンマーインドに分布。開張55mm内外,黒色,前翅に白色斜帯があり,頭部は赤い。幼虫はヒサカキを食べ,成虫は年2回,6〜7月と9月に発生。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホタルガ
ほたるが / 蛍蛾
[学]Pidorus glaucopis

昆虫綱鱗翅(りんし)目マダラガ科に属するガ。はねの開張45~50ミリメートル。体翅とも黒く、頭部背面は赤い。前翅には1本の白帯がある。触角は雌雄とも櫛歯(くしば)状であるが、雄のほうが枝が長い。日本本土、対馬(つしま)、沖縄本島、および台湾、中国などに分布する。昼飛性で、チョウと同じように日中飛び回るが、灯火にもよく飛来する。幼虫はヒサカキやサカキの葉を食べる。幼虫・成虫ともに特異な臭(にお)いのある体液を分泌するため食虫性の鳥や獣類が敬遠する。年2回、6~7月と8~9月に成虫が出る。若齢幼虫で越冬する。本種によく似たシロシタホタルガは後翅の基部から中央部にかけて白いので区別される。幼虫はサワフタギにつく。[井上 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホタルガの関連キーワードアサギマダラヒメアカタテハ胡麻斑蝶虎蛾斑蝶まだら節ウラギンヒョウモンスジマダラメイガ(条斑螟蛾)ホタルガ(蛍蛾)マダラガ(斑蛾)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホタルガの関連情報