コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホタルブクロ

百科事典マイペディアの解説

ホタルブクロ

キキョウ科の多年草。北海道西南部〜九州,東アジア山野にはえる。は直立し,高さ50cm内外。葉は互生し,長卵形で茎とともに毛がある。6〜7月,茎頂葉腋鐘形の花を下向きに開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホタルブクロ
ほたるぶくろ / 蛍袋
[学]Campanula punctata Lam.

キキョウ科の多年草。梅雨期に開花するので、アメフリバナともいう。茎は高さ40~80センチメートル。根出葉は卵状心形で長い柄がある。茎葉は互生し、長卵形で先はとがる。6~7月、淡紅紫色または白色の花を下向きに開く。花冠は鐘形で先は5裂し、萼片(がくへん)の間に反曲する付属片がある。丘陵から山地の畦(あぜ)、道端、野原に生え、北海道南西部から九州、および朝鮮半島、中国に分布する。名は、花冠の袋に子供がホタルを入れて遊んだことによる。萼片の間の付属片が反り返らない変種をヤマホタルブクロといい、花冠は紅紫色で細点がある。花冠が小形で純白色のシマホタルブクロは海岸型の変種で、伊豆諸島に分布する。[高橋秀男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ホタルブクロの関連キーワードオトメギキョウ(乙女桔梗)ホタルブクロ(蛍袋)シラー(ユリ科)ベルフラワーツリガネソウカンパニュラキキョウ科高山植物葬式花雨降花鐘形花徳利花灯籠花提灯草釣鐘草提灯花蛍花蛍草

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホタルブクロの関連情報