コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホットラボ ホットラボ hot laboratory

翻訳|hot laboratory

3件 の用語解説(ホットラボの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホットラボ
ホットラボ
hot laboratory

強力な放射線を安全に扱える実験室のこと。放射線源の強さが 50mCi (ミリキュリー) 以上,すなわち 1.85× 10 9Bq (ベクレル) 以上になる実験室を,ホットラボということが多い。放射性物質の貯蔵室は十分に遮蔽・防護され気密状態になっており,マジックハンドのような遠隔操作装置を使って実験する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ホット‐ラボ

hot laboratoryから》強い放射線を出す放射性物質を取り扱う施設。遮蔽(しゃへい)・遠隔操作装置・放射線防護などの設備がある。RI実験室

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ホットラボ【hot lab】

放射能の高い放射性物質を安全に取り扱うことができるように特に設計された施設をいう。hot laboratoryの略であるが,hot labのままでも使用する。 この施設を利用して,例えば核燃料の照射後試験や放射性標識化合物の合成などの各種の試験,検査,実験が行われる。放射性物質の取扱いは,ホットラボの中に設置されたホットセルhot cellまたはホットケーブhot cave(ホットセルの連合したものを特にさす場合がある)と呼ばれる鉄,鉛,コンクリートなどで遮へいされ,鉛ガラス製の透視窓からマニピュレーターで遠隔操作が行えるように設備された室または箱状の空間の中で行われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ホットラボの関連キーワード放射化分析放射能放射性残留放射能濃縮法放射化学分析放射能標識食品中の放射性物質の基準福島第一原発の放射能汚染水放射分析

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone