コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホブズボーム Hobsbawm, Eric John Ernest

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホブズボーム
Hobsbawm, Eric John Ernest

[生]1917.6.9. エジプトアレクサンドリア
[没]2012.10.1. イギリス,ロンドン
イギリスの歴史学者。ポーランド系ユダヤ人を父とし,オーストリア人を母としてエジプトで生まれ,ウィーンベルリンを経て 1933年イギリスに移住。1936年イギリス共産党に加入。ケンブリッジ大学キングス・カレッジで 1939年学士号,1942年修士号,1951年博士号を取得。その後キングス・カレッジのフェロー,ロンドン大学教授などを歴任。マルクス主義的立場にあり,社会史,社会運動史,経済史などで業績を残した。主著『市民革命産業革命』The Age of Revolution: 1789-1849(1962),『資本の時代』The Age of Capital: 1848-1875(1975),"The Age of Extremes: A History of the World,1914-1991"(1994)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ホブズボーム

イギリスの歴史家。エジプト,アレクサンドリアでユダヤ系家庭に生まれる。1919年一家はウィーンに移住,その後ベルリンに移る。両親の死後,ヒトラーの台頭のなか,1933年に渡英

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホブズボーム
ほぶずぼーむ
Eric John Hobsbawm
(1917―2012)

イギリスのマルクス主義知識人、歴史家。ユダヤ系の両親のもとにエジプトのアレクサンドリアに生まれ、2歳のときウィーンに移り、少年時代を過ごす。父親を亡くして1931年ベルリンへ移り、1933年ロンドンに移住し、グラマー・スクールを経てケンブリッジ大学キングズ・カレッジに入り、1939年学位を得る。
 1955年にロンドン大学バークベック・カレッジの歴史学のポストを得て以後、教授を務め、のち退職して名誉教授。研究は多方面にわたり、国際的な影響力をもっている。『イギリス労働史研究』(1964)に代表される労働史の分野の研究、『素朴な反逆者たち』(1959)や『匪賊(ひぞく)の社会史』(1969)にみられるようにおくれた社会に住む人々の民衆運動の研究、『市民革命と産業革命』The Age of Revolution(1962)や『産業と帝国』(1968)などの資本主義の経済史的分析、『革命家たち』(1973)に代表される現代マルクス主義思想や政治への発言など、多数の研究や評論がある。1982年までの著作目録はR. Samuel & G. Stedman Jones: Culture, Ideology and Politics;Essays for Eric Hobsbawm (1982, London)の巻末に付されている。なお、学生時代から1966年ころまで、フランシス・ニュートンの名でジャズ評論も行った。
 1982年ロンドン大学退官後は、1984年から1997年までニューヨークの社会研究所(New School for Social Research)を研究活動の場とし、その後も各地で講義や講演を行いながら19世紀と20世紀の世界史の包括的な著作を出した。[安川悦子]
『鈴木幹久・永井義雄訳『イギリス労働史研究』(1968・ミネルヴァ書房) ▽斎藤三郎訳『匪賊の社会史』(1972・みすず書房) ▽斉藤孝・松野妙子訳『革命家たち』(1978・未来社) ▽斉藤孝・木畑洋一訳『反乱と革命』(1979・未来社) ▽浜林正夫・神武庸四郎・和田一夫訳『産業と帝国』(1984・未来社) ▽水田洋他訳『素朴な反逆者たち』(1989・社会思想社) ▽河合秀和訳『極端な時代――20世紀の歴史』(1996・三省堂) ▽河合秀和訳『わが20世紀・面白い時代』(2004・三省堂)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ホブズボームの関連キーワードアンダーソン(Benedict Anderson)イタリア共産党48年革命請負制義賊