ホルスタイン種(読み)ホルスタインしゅ(英語表記)Holstein-Friesian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ホルスタイン種」の解説

ホルスタイン種
ホルスタインしゅ
Holstein-Friesian

フリージアン種ともいう。ドイツ北部のホルシュタインオランダのフリースラント原産の代表的な乳用種。日本には 1885年に輸入され,酪農主力となっている。白黒斑を特徴とする大型の牛で,の体重は平均 600kg,年産乳量は 5000kgをこす。は 1000kgの体重が普通。乳脂率はやや低い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android