ホルスタイン種(読み)ホルスタインしゅ(英語表記)Holstein-Friesian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホルスタイン種
ホルスタインしゅ
Holstein-Friesian

フリージアン種ともいう。ドイツ北部のホルシュタイン,オランダのフリースラント原産の代表的な乳用種。日本には 1885年に輸入され,酪農の主力となっている。白黒斑を特徴とする大型の牛で,雌の体重は平均 600kg,年産乳量は 5000kgをこす。雄は 1000kgの体重が普通。乳脂率はやや低い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホルスタイン種の関連情報