コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホンコン特別行政区 ホンコンHong Kong

翻訳|Hong Kong

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホンコン〔特別行政区〕
ホンコン
Hong Kong

中国南東部,コワントン(広東)省シェンチェン(深圳)特別市に接する特別行政区。中国語ではシヤンカン(香港)。1997年6月30日までイギリス直轄植民地 Crown Colonyで,国王の任命する総督が統治していた。カオルーン(九竜)半島,ランタオ島(大嶼島,大濠島),ホンコン島,ランマ島などからなる。政治的には,中国から南京条約(1842)で割譲されたホンコン島,北京条約(1860)で割譲されたカオルーンと,1898年に 99年の期限で租借したニューテリトリーズ(新界)に分かれる。花崗岩の山地が多く,植生は貧弱。熱帯季節風気候の北端にあたり,月平均気温は約 16℃(1月)~29℃(7月)。年降水量は 1300mmで 5~8月に集中し,8月には台風の通過が多い。イギリスの中国進出の拠点となり,ビクトリアは自由貿易港として中継貿易で発展してきた。1949年中華人民共和国の成立に前後して,シャンハイ(上海)の紡績資本を中心に資本の流入があり,また多数の中国人の移住があって軽工業が発達。1963年以後,中国が「ホンコンの地位の現状維持」を認める意向を明らかにし,1972年英中大使交換協定で友好関係が固まった。1983年以後本格的な中英交渉を重ね,1984年12月に共同宣言に調印し,1997年7月1日をもってホンコン全土は中国に返還された(→ホンコン基本法)。返還後 50年間は,資本主義体制と高度な自治が維持されることになっている。1972年以後,外国資本の投下が盛んになり,工業地域はホンコン島北岸,カオルーンとその周辺から,ニューテリトリーズのツェンワンシャティンなどにも広がった。また旧ホンコン政庁のニュータウン計画によって,大規模な住宅団地,道路,地下鉄の建設も進んだ。工業は紡織,縫製を中心に電子,プラスチック製品,精密機械,電器,造船などが盛んで,輸出総額の 90%以上を占める。1979年からは中国のコワントン省,フーチエン(福建)省などに合弁企業が設立され,華南への物資や観光客の中継地としての役割も強まっている。世界各国からの金融機関が集中し,シンガポールと並ぶ東南アジアの金融センターとなっている。「東洋の真珠」と呼ばれる都市景観,亜熱帯の風物,中国情緒などによって,観光客も数多く訪れている。公用語は中国語であるが,人口の 98%を広東人が占め,日常生活では広東方言が使われている。面積 1104km2。人口 715万7000(2013推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ホンコン特別行政区の関連キーワードシェンチェン(深圳)特別市キャセイパシフィック航空バーゼル銀行監督委員会マカオ特別行政区ホンコン返還協定ホンコン返還九竜半島マカオ馬英九広州深圳海豊

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android