コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホーリー

10件 の用語解説(ホーリーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

ホーリー

千葉県袖ケ浦市にあるテーマパーク東京ドイツ村キャラクター。ペアとなるキャラクターは「アンジー」。

ホーリー

ロールプレイングゲーム「ファイナルファンタジーシリーズで使用される攻撃呪文。聖属性のダメージを与える。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ホーリー(holey)

穴があいていること。穴あきのもの。

ホーリー(holly)

《「ホリー」とも》ヒイラギモチのこと。

ホーリー(holy)

ホリー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ホーリー

ヒンドゥー教の春祭り。3月ごろに巡るチャイトラ月の初日に行われ,火祭りと水かけ祭りが複合したもの。豊饒祈願と新年祭の意味をもつ。前夜にホーリカーという焚き木を燃やし,翌日は無礼講での色水かけが行われる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界の祭り・イベントガイドの解説

ホーリー【Holi】

インド北部を中心に同国各地で行われる、春の訪れを祝うヒンドゥー教の祭り。冬小麦の収穫時期でもあり、収穫祭の意味もある。人々が道行く人に色のついた水や粉をかけあう行事で知られる。かけられた人は、全身が緑、紫、青黄色などでカラフルになる。地域によってさまざまなイベントも行われる、インドの3大祭りの一つで、毎年3月か4月頃に行われる。ヒンドゥー暦の祭りなので、西暦では毎年開催日が変わる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ホーリー【Holī】

ヒンドゥー教の春の祭り。毎年パールグナ(2~3月)の満月の日に行われる。祝火でホーリカーHolikāの人形を焼き,その夜さらに祝火を点ずる1日目の儀礼と,翌日カーストや性別にかかわりなく色つきの粉や水をかけあい下品な言葉でやじり合う乱痴気騒ぎが中心。1日目の儀礼でバラモンの祭官が用いる祭詞には,年の始めに穢(けがれ)をはらい,健康や幸運を祈る言葉がみられる。起源は古く,文献ではさかのぼりきれないが,プラーナ文献にはすでに現代と変わらぬ風俗が描かれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ホーリー【holly】

セイヨウヒイラギの別名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホーリー
ほーりー
holly

モチノキ科の常緑樹。一般にホーリーといわれるものには、ヒイラギモチ(疼木黐、別名セイヨウヒイラギ、英名イングリッシュ・ホーリー)Ilex aquifolium L.のほか、アメリカヒイラギ(アメリカン・ホーリー)I. opaca Ait.やシナヒイラギ(ヒイラギモドキ、チャイニーズ・ホーリー)I. cornuta Lindl.などがある。ヒイラギモチはヨーロッパから西アジア、北アフリカ原産。葉は互生し、卵形または長楕円(ちょうだえん)形、縁(へり)に先が刺(とげ)状の鋸歯(きょし)がある。雌雄異株。果実は球形で径6ミリメートル、赤色に熟す。クリスマスにヨーロッパでは、着果枝を装飾に用いる。アメリカでは、北アメリカ東部・南東部原産で葉の縁に刺状の波状鋸歯があるアメリカヒイラギの枝を、同じように用いる。シナヒイラギは、葉は長方形で長さ4~8センチメートル、四隅と先端に鋭い刺状の歯牙(しが)があり、果実は赤色に熟す。いずれも繁殖は挿木、実生(みしょう)による。やや耐陰性があり、適湿の肥沃(ひよく)地でよく育つ。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のホーリーの言及

【ヒンドゥー教】より

…家庭内の儀礼としては,家住期に毎日行うよう規定されている宇宙の根本原理ブラフマンのためにマントラ(真言)を唱えるブラフマン祭,いっさいの神々の供養を行うバイシュバデーバ祭,いっさいの生物に供物を与えるバリ供養,祖霊を供養する祖霊祭,客人を供養するアティティ祭という〈五大祭〉が中心をなしている。年間に行われる祭りの数は多数に上るが,代表的な諸神をまつる春の祭ホーリー(2~3月),とくにベンガルで盛んなドゥルガー女神の祭ドゥルガー・プージャー(9~10月),ラーマ王子が悪魔ラーバナを征伐した記念のダシャハラー祭(10月),灯火をともし,ラクシュミー女神をまつる灯火祭ディーワーリー(10~11月)などが主要なものである。これらのほかに,ケーララ地方には収穫の祭オーナム,南インドの収穫祭ポーンガルなど地方的な祭りもある。…

※「ホーリー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ホーリーの関連キーワードディーワーリーヒンドゥー教建築ヒンドゥー教美術ヒンズーヒンドゥーティハールハンガリーの春祭りヒンドゥー教寺院ヒンドゥー法典マタ(ヒンドゥー教)

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホーリーの関連情報